2017年8月21日 (月)

Nスペ「東京・戦後ゼロ年」を観て

 このところNHKスペシャルの感想ばかり書いているので「あいつはNHKの回し者ではないか?」と疑われそうだが、決してそんなことはない。  昨夜(20日)は「東京・戦後ゼロ年」というタイトルで俳優山田孝之が終戦直後の東京にタイムスリップし当時の映像や写真の中に溶け込んでいろいろな体験をするという設定だ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月19日 (土)

いまなぜ若者はテロリズムに走るのだろう?

 また無差別テロがバルセロナで起きた。このところヨーロッパでは毎月のように一般市民など「ソフト・ターゲット」を標的にした無差別テロが相次いで起きている。  これらのテロがIS組織と関連が問われるのが常であるが、ISのメンバーではなく直接のつながりも薄い場合も多い。いわゆる「ホームグローン・テロ」がほ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

Nスペ「戦慄のインパール」を観て

 昨夜の「731部隊の真実」に続いて、終戦記念日の今日のNHKスペシャルでは、「戦慄のインパール」を放映していた。  かつて若い頃に竹山道雄の「ビルマの竪琴」を読んで、深い感銘を受けた記憶と、私が高校時代に英語の教師だった人がインパール作戦に参加した兵士だったことを思い出した。  戦争の敗色が濃くな...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月13日 (日)

Nスペ「731部隊の真実」を観て

 さきほどNHK-TVで放映されていた「731部隊の真実」は久しぶりに見応えのある番組であった。731部隊は戦争中に旧満州で細菌兵器の研究開発をやっていた軍の研究組織であるが、そこに東大や京大など日本のトップクラスの大学から多くの研究者が送り込まれていた。そしてそこでは、中国人やロシア人などの捕虜を...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月12日 (土)

NHK戦争記録特集番組を観て

 例年8月になると、NHK-TVで戦争記録特集番組が組まれる。今日(12日)は太平洋戦争当時の日本本土空襲の記録を放映していた。  私は終戦当時まだ5才の子供で東京の杉並に住んでいたが、昭和20年1月に新潟に疎開していたので、3月10日の東京大空襲は知らないが、疎開する直前、近くの中島航空機が空襲さ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 5日 (土)

「EV(電気自動車)革命」を推進するグローバル資本の行方は?

 昨夜から今朝にかけてのマスコミのトップニュースで、トヨタとマツダの資本提携が取り上げられていた。その背景にあるのは、世界的なEV化推進の動きである。完全な電動でしかもネットにつながり、AIによる安全運転も保障されているクルマをつくり、近い将来現状の化石燃料を用いた排気ガスを出すクルマを全廃しようと...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月30日 (日)

NHK-BSドキュメンタリー「爆走風塵」を観て

 NHK-BS1で再放送されていた中国トラック業界の実情を記録したドキュメンタリー「爆走風塵」を観た。3組のトラックドライバーに密着取材したもので、1組はベテラン2人コンビのドライバー、2組目は親子一緒に仕事をする親子ドライバー、3組目は小さな子供と妻を一緒に連れたまだ新米の家族ドライバーである。 ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月27日 (木)

朝日新聞 論壇時評「AIが絶対できないこと」の致命的落とし穴

 今朝(7月27日)の朝日新聞「論壇時評」に歴史学者 小熊英二氏が「AIに絶対できないこと」と題した評論を書いている。  小熊氏はさまざまな論者の指摘や事例を挙げ、 AIは過去のデータから推論出来ることしかやらないから、既存の考え方やこれまでの傾向の枠組みでしか予測ができず、新しい提案やイノベーショ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

人手不足なのになぜ労働賃金が上がらないのか?(その3)

 今朝(7月24日)の朝日新聞朝刊第1面に「移民頼みの現場」という見出しで、いまの日本で実質的に「移民」といってよい外国人労働者が108万人もいて「人手不足」を補っており、年々増え続けているという記事が出ていた。  こうした現実に反対する動きを「排外主義」として対置し、分け隔てなく移民を受け入れるべ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日)

人手不足なのになぜ労働賃金が上がらないのか?(その2)

 そこでこの問題をマルクス経済学の視点で考えてみよう。  周知の通り、資本主義社会では、すべての社会的生産物が商品として生産され、商品として流通する。資本主義社会では一般に商品の流通は「等価交換」を原則として行われ、それを貨幣が媒介する。しかし、この過程のどこかで価値は増えるのである。だから資本家は...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«人手不足なのになぜ労働賃金が上がらないのか?(その1)