2017年5月24日 (水)

やはり資本家トランプ大統領にだまされたアメリカ労働者階級

 昨日の朝日夕刊に掲載されていたが、アメリカのトランプ政権が2018年度(2017.10-2018.09)の予算教書の概要を明らかにした。  これによると、年3%の経済成長を達成し、10年間で財政赤字を解消させると言っているが、その内容は、歳出削減として、低所得者向け公的医療保険(メディケイド)の適...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

「共謀罪」衆院「通過予定」の日のマンチェスターの「テロ」事件

 先日委員会を強行採決で通過させた「共謀罪」を野党の猛反対にもかかわらず、政府は本日中に衆院本会議を通過させる「予定」と宣言していた。あらかじめ十分な議論をせずに通過させようというのだろうか?  そしてちょうどその日の朝、海外からのニュースで、イギリス マンチェスターのコンサート会場で爆発があり、1...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月20日 (土)

朝日新聞オピニオン欄「私の視点」での内田氏の意見に賛成する

 今朝の朝日新聞 オピニオン欄の「私の視点」に投稿されていた弁護士の内田雅敏氏の「”異論のススメ”に異論」で述べられている意見に私は全面的に賛成する。  内田氏は5月5日付けの朝日 佐伯啓思氏のコラム「異論のススメ 憲法9条の矛盾 平和守るために闘わねば」への異論を展開している。  ここで、内田氏は...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

トランプとマクロンの運命は?そしてその次に来るべきものは?

 予想されていたことではあるが、ロシア機密情報提供問題やFBI長官解任などの司法権への介入問題、そしてマスコミへの攻撃などでいま矢面に立たされているトランプ大統領は、それでもなお彼を信頼し絶対的に支持している人々を持っている。これまでの民主党政権の中途半端な政策に嫌気がさしていた人々がそのほとんどだ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

閑話休題:お笑い想定問答 北朝鮮のミサイル発射と身代金サイバー攻撃

<ホワイトハウスにて> *トランプ大統領: キムが中距離弾道ミサイルを打ち上げ、2000Kmも上空に上がって日本海のロシアに近い海域に落ちたそうだな。 *大統領補佐官:はい、これはロフティング発射でしたが通常の角度で発射されればグアム島の基地まで届く性能だとのことです。 *トランプ:うむ、あらかじめ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

憲法9条をめぐる国家と戦争に関する基本的問題を考える

 安倍内閣の政策下、憲法9条がいま風前の灯火となっているが、国会での論議でもいつも基本的問題が触れられていない。 それは、 (1) 国家間の戦争はなくなることはないのか? (2)自衛のための軍備は必要不可欠なのか? (3)軍隊組織を持たない国家が他国からの侵略や戦争にどう対応するべきなのか? といっ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

閑話休題:お笑い想定問答 「国母」のリーダーシップ

 フランス大統領選挙に勝利したマクロン家での一場面: ブリジット:「マニー(Manny:エマニュエルの愛称)、選挙運動中のあなたの演技は最高だったわ!」 エマニュエル:「ブリジット、君の演技指導のおかげだよ」 ブリジット:「でも私心配だったのよ」 エマニュエル:「何が?」 ブリジット:「あのルペンっ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

アベノミクス崩壊の予兆と「安部プライベート憲法」への道

 安倍首相は憲法改正促進派の集会向けにビデオメッセージを送り、その中で、2020年までに改訂実施を目指し、9条には自衛隊の存在をキチンと位置づける、と宣言した。  それに先立つNHKなどの世論調査では改訂の必要ありがやや多く、必要なしがやや少ないという結果が出たが、それと同時に9条の改訂は必要ないと...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月30日 (日)

ラストベルトの労働者 その後

 昨夜9時からのNHK-BSスペシャルでアメリカのラストベルトの労働者の今を放映していた。  ラストベルト地域で生き残っていた企業の中で手堅いある航空機部品メーカーでは市場での競争が厳しくなり、メキシコに生産拠点を移すと発表した。それに反対する労働者たちは大統領選でトランプに期待を託し、トランプ当選...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「グローバリぜーションかナショナリズムか」なのか?(修正版)

(2017.04.30大幅修正) 27日のNHK-BS国際ニュースの中でのフランス・ドゥーのニュースから。  マクロン大統領候補が自身の出身地であり選挙地盤でもあったアミアンを訪れ、そこのワールプール社の工場を訪れた。ワールプール社はこの工場を閉鎖してポーランドに生産拠点を移すこととなり、労働者が解...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«なぜ労働者はトランプとルペンを支持するのだろうか?