スマホからの書き込み

入院の準備のため、ガラケーからスマホに切り替えて、初めてブログに投稿してみました。

| | コメント (0)

2019年8月30日 (金)

TICADに見る日中資本のアフリカへの進出競争と現地の実状

 いま横浜で安倍首相のキモ入りでTICAD (Tokyo International Conference on African Development) が開催されている。この会議は日本の民間企業がアフリカ諸国の若者に新技術習得の機会を与え、彼らがアフリカの産業や経済の発展に寄与できるよう日本政府...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年8月18日 (日)

2.26事件はその「背景」が物語るものこそ重要だ

先日のNHKスペシャルで放映されていた2.26事件の真相を明らかにする軍部極秘資料の話は興味深かった。「2.26事件」とは昭和11年2月26日に起きた陸軍青年将校らによるクーデター「未遂」事件であるが、この事件は当時陸軍中枢部にあった「皇道派」といわれるグループが関与しているといわれており、この軍中...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年8月17日 (土)

MMTに関する現時点でのまとめ

前回に引き続きMMTの矛盾について考えて見よう。 貨幣はもともとモノ(商品)とモノ(商品)の交換を媒介するために登場したものであって。それは流通手段であるとともに支払い手段でもある。その場合、モノをを売って、別のモノを買う、ということが行われるが、その場合は貨幣が売り買いされるモノと等価値でなければ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年8月12日 (月)

再びMMT(Modern Monetary Theory)について考える

少し前、このブログでMMTの問題に触れたことがあったが、その後、ロイターの解説記事でMMTに関する問題点をコンパクトにまとめた記事を見つけたので、これを手がかりにもう一度MMTについて考えてみよう。 ロイターの記事では、MMTの考え方を次の様に述べている。ケインズと同様、MMTの提唱者らは、就労を望...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年7月31日 (水)

人間の生きる意味は「生産性」なの?

 31日の朝日新聞朝刊、「医療」欄に、「便秘の人、仕事に影響も」という小さな記事が出ていた。「兵庫医科大学などの研究チームの分析によると、慢性便秘症患者は、1週間に占める欠勤率が8.8%で、便秘でない人(3.8%)の2.3倍だったそうだ。注意深く仕事ができななど、健康上の問題が生産性に影響した割合は...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年7月22日 (月)

参院選の結果から考えさせられること

 21日の参院選では、自公が過半数を獲得したが改憲に必要な2/3は獲得できなかった。一方野党は立民が増加したが、その他は現状維持がやっと社民はなんとか1議席確保という状況だった。この参院選は一人区が多く、ここでは最初から自公が圧倒的に強いことは分かっていた。野党は共闘態勢を組んだが、複数区でも結局自...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年7月20日 (土)

NHK-BS「欲望の貨幣論」での岩井克人氏への疑問

 今朝、再放送されていた表記の番組を観た。「欲望の資本主義」シリーズの特別編の様だ。内容はいま話題の暗号資産やビットコインの話から始まり、いまの資本主義社会が貨幣への限りのない欲望によってドライブされているという事実と、それに対する現代の経済学者の考えや歴史上著名な経済学者や哲学者のことばを並べたも...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年7月18日 (木)

NHK-BS「AIロボットの世界」を観て

 今朝、表記のTV番組を観た。内容はAIを用いたロボットなど人工知能機器が人間の労働を奪いつつあるという現状とその状況をどう受け止めるかという問題であった。まずいま急速に進みつつあるAIの導入を「第4次産業革命」と位置付け、19世紀イギリスに始まった第1次産業革命による労働者の状況の変化、そこでは急...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年7月 9日 (火)

「技術立国」崩壊の中で

 いわゆる「高度成長期」の頂点であった1970-80年代に、「ジャパン・アズ・ナンバーワン」などと言われて、日本の企業はその技術力の高さが世界でトップクラスと思われていた時代があった。その後、バブル崩壊がやってきて、1990年代にアメリカ発の「IT革命」が押し寄せてきた頃には、日本のIT技術はワール...

» 続きを読む

| | コメント (0)

«日本デザイン学会第66回大会に参加して(再修正版)