« 水平的抽象と垂直的抽象 | トップページ | コメントへのお答え »

2007年11月13日 (火)

閑話休題

ある秋の夕暮れ時。

「僕は某家の一員である犬です。名前はゴボです。」

「おれは同じく某家に食住している猫で、名前はポコ。」

<ゴボ>「あ、パパの尚孝さんが帰ってきた。うれしいな!クーン、キャンキャン。」

<ポコ>「なに騒いでんだ、このゴボやろう!おまえは馬鹿か。」

<ゴボ>「弟分のくせになんだその口のききようは!パパが帰ってきてうれしくないのかおまえは。兄貴分にたいしてもっと謙虚になれよ。」

<ポコ>「ふん!餌さえもらってれば、パパだかなんだか知らねえけど、どうでもいいじゃねえか。」

<ゴボ>「なんていうやつだおまえというやつは、この家に置いてもらうのならご主人であるパパにちゃんと礼を尽くさなければダメなんだぞ。」

<ポコ>「だからおまえはアホだというんだ。」

<ゴボ>「なんだとー、このー!うーワンワン。」

<尚孝>「こらこらゴボ、何を怒ってるんだ。 ポコをいじめちゃだめだぞ!」

<ポコ>「ほらみろ。ざまーみろってんだ!ニャーゴ、ニャハーン。」

<ゴボ>「くそっ!クイーン、クンクン。」

<尚孝>「ほらほらゴボ、ポコが仲良くしようよって言ってるじゃないか。」

<ゴボ>「......。しょぼーん。」

<尚孝>「ポコはゴボが勝手に家の中に上がってきていてのうのうとソファーで昼寝なんかしているので嫉妬しているのかもしれないね。馬鹿な弟なんだから許しておやり。」

<ゴボ>「しょぼしょぼーん。」

<ポコ>「ニャーン。 餌くれー!」

<尚孝>「よしよしいまやるよ。えーとネコ缶はどこいったかな。なかなか見つからないな。」

<ゴボ>「僕にもちょうだい!ワン!」

<尚孝>「よしよし、それじゃそっちにさきにこのパラパラ餌をあげるからね。はい。」

<ゴボ>「そのパラパラ餌は好きじゃないんだけどなー。」

<尚孝>「なんだゴボおまえこの餌食べないの?贅沢だな。」

<ポコ>「ニャーンダ、そんならおれが頂戴しちゃおうっと!パリパリ。」

<ゴボ>「しょぼしょぼしょぼーん。」

かくて秋の日はつるべ落としのごとく暮れていったのである。

このブログはxfy Blog Editorを使って作成されました

|

« 水平的抽象と垂直的抽象 | トップページ | コメントへのお答え »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

デザインの進化はどういうようなものでしょうか?
今後デザインのことを伺いたいです。

投稿: | 2007年11月29日 (木) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210651/17130288

この記事へのトラックバック一覧です: 閑話休題:

« 水平的抽象と垂直的抽象 | トップページ | コメントへのお答え »