« 付加価値=実体のない価値(その2) | トップページ | いま何をすべきなのだろうか? »

2009年4月25日 (土)

腐朽化が進む資本主義社会

 今日の資本主義社会が、もはや実体のある価値と価値法則を基準とした経済体制ではなく、実体のない虚偽の価値を市場でやりとりすることでしか延命できなくなっていることが見えてきたが、これはまさに資本主義社会の「腐朽化」が進んで、資本主義自らが価値法則を破壊しつつあるともいえるだろう。資本主義社会の腐朽化については、先頃亡くなったマルクス経済学者、大内力氏が40年以上も前に書いた「国家独占資本主義」という本の中ですでに触れている。その当時は、資本主義経済が、もはや資本自身による価値法則の貫徹を通した自立経済体制を維持できなくなり、通貨管理などによる国家のコントロールがなければ成り立たなくなっていることを価値法則の実質的破壊ととらえ、国家独占資本主義という形での資本主義社会の腐朽化ととらえていた。

 しかし、その後、いわゆる「社会主義的」(マルクスは社会主義という言葉を使ったことがなかったと言われている)政策に近いとされるケインズ派の政策が随所で頓挫した(例えばイギリスの労働党政権下でのいわゆるイギリス病といわれる現象など)ことにもより、それに反対するフリードマンらによる「新古典派資本主義が、政府主導ではなく市場原理に任せた経済を主張するようになり、レーガン政権代表される市場原理主導型資本主義体制が復活したのである。

 そしてその屋台骨を支えてきたのが、当初はハイテク産業やIT産業などの技術革新による剰余価値の増大であったが、やがて証券取引や不動産取引、そして政治情勢までをも左右する投機筋の投機的取引などが再び産業資本を飲み込んでいったのである。そしてそれを「実体」として支えてきたのが、アメリカ国民を中心とした消費の拡大による、商品市場の活性化であり(実は「消費」とは、労働賃金という形で労働者に前貸しした資本を商品の購買を媒介にして再び資本家の手に貫流することなのであるが)、借金をしてでも消費を増やしていくことが奨励されるようになった。そこに「付加価値」の創造という戦略が重要性を持ってきた根拠があったといえる。

 こうしてブクブクと肥え太ったメタボ金融資本は、一方で借金で首の回らなくなった多くの労働者と、他方で濡れ手に粟で巨額の金を獲得した富裕階級を生み出しながら、身動きできなくなり、動脈硬化を起こし、急速に体力を落としていったのであるが、もはや金融資本を産業界の「血液」としてその体内に組み込んでいた資本主義社会は、いまやその産業土台からの崩壊の危機に立たされている。労働者が生み出した価値の大半を剰余価値として無償で搾取し、しかも国家によりさらに吸い取られた血税を、(不当にも)膨大な量投入して金融資本を支援しなければ経済体制が崩壊してしまうという瀕死の状態なのである。

 価値の創造主である労働者達は、自らが創出した価値の大半を資本に搾取された上、資本家から前貸しされた賃金の一部をさらに国家から税金として吸い上げられた上、それを「定額給付金」などという形でまた貸しされ、それで何かを買わせることで、商品市場を活性化させてその金を資本に貫流させ、瀕死の資本主義にカンフル注射を打とうとしているのが、日本の為政者たちである。

 しかし残念なことに、この瀕死の資本主義体制の殻を打ち破り、そこからあらたな次世代を担うべき新しい経済システムを生み出してゆけるような推進母体がいまはもうほとんど存在しないのである。

 大内力の名前が出たので、ついでに記しておくが、日本においては、戦前から体系立った経済理論を持つのはマルクス経済学のみであって、大内力の父である大内兵衛や向坂逸郎などが論壇の中心であった。戦中の弾圧を乗り越えた戦後の一時期には、マルクス経済学の研究者が多く輩出され、理論界は活況を呈したのである。その後いわゆる「近代経済学」と呼ばれる、ケインズ派などの流れを組む人々やスミスやリカードの復活派などが、マルクス経済学に対抗する論壇を作り、やがて、政府の経済政策を支えるブレーンとなった人々を中心に、高度成長の時代に経済学の主導権を奪ったのである。今日ではソ連型社会主義が崩壊したこともあって、マルクス経済学は絶滅危惧種になってしまい、一方で「近代経済学」グループは経営論などと結びつき、さらには金融工学などというまゆつばの領域をも生み出して、一口に言えば「金儲けのための理論」に成り下がってしまったようである。

 もともと経済学は、社会の中で生み出される富をいかに無駄なく効率よく、しかも公平に分配し、健全な社会を築き上げるかという課題が中心であった。それが逆に無駄な消費を生み出さなければ成り立たないような経済の仕組みを主導し、それによって一部の人間が如何に上手にお金を儲けるかということが課題となってしまったようである。これこそ経済学の堕落というしかないだろう。

 しかし、19世紀にその基本形が完成したばかりの資本主義社会の仕組みが持つ本質的矛盾を分析したマルクスの経済学は、この現在の悲惨な状況を克服してあらたな社会経済システムを生み出して行くために避けて通ることのできない理論であると断言できる。私のような経済学者でもない素人の人間が懸命になってマルクス経済学を学んでいるのも、そうせざるを得ない状況だからである。

 次世代社会の担い手が育っていない以上、死にきれない資本主義社会をめぐる混乱は今後長く続くことだろう。私の存命中は悪化の一途をたどることになるかもしれない。そしてその腐朽化はますます進行するだろう。落ちるところまで落ちて、しかし、いつかはきっとどこかで本当の意味での再生を担う人々が出てくるだろうとささやかな希望を持とうと思う。

|

« 付加価値=実体のない価値(その2) | トップページ | いま何をすべきなのだろうか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210651/44793112

この記事へのトラックバック一覧です: 腐朽化が進む資本主義社会:

» マルクス経済学者の大内 力(おおうち・つとむ)さん死亡90歳 [僕のつぶやき。 ネットの窓から。]
大内力氏が死去 マルクス経済学者(共同通信) - goo ニュース 大内 力(おおうち・つとむ)東京大、信州大名誉教授が4月18日肺炎のため東京都新宿区の病院で亡くなった。90歳だった。 心からご冥福を御祈りいたします。  今日の世界や日本についての先生の分析をおききしたかったです。 日本の歴史〈24〉ファシズムへの道 (中公文庫)大内 力中央公論新社このアイテムの詳細を見る   ... [続きを読む]

受信: 2009年4月26日 (日) 11時33分

« 付加価値=実体のない価値(その2) | トップページ | いま何をすべきなのだろうか? »