« 広島64年後の状況 | トップページ | 社会保障の財源問題 »

2009年8月 8日 (土)

コメントありがとうございます

mizzさん、コメントありがとうございます。

 相変わらず精力的に英語版資本論の訳をなさっておられるようで、敬服しております。おっしゃる様に、ドイツ語版からの向坂訳の資本論は生硬で分かりにくく、日常的日本語からはほど遠い感じがします。mizzさんの訳がいつか公にされる機会を望みます。

 いまmizzさんが翻訳に取りかかっておられる、労働過程に関するマルクスの考え方は、私のデザイン論の中核を成す部分です。人間が生きるためにだれでもやっている労働過程が、人間と物質的自然との間の代謝関係として普遍的なものであるのに対して、それが「社会」という視点から見れば、その社会がどのような仕組みでその構成員である人々の労働の成果を社会全体に還元してゆくのか、といういわゆる生産様式の問題を避けて通ることはできず、その生産様式が歴史的にどう変わってきたのかを問題にせざるを得ないわけです。

 トレンズ大佐はそのことを理解せず、太古の人間が石を投げて動物を捕まえたとき、そこに目的と手段の関係が始まり、同時に資本の起源がある、と見たのは、普遍的な問題と歴史的な問題の同一性における区別を理解しなかったからでしょう。マルクスはその典型としてトレンズ大佐の言葉を引用したのだと思いますが、実は、トレンズ大佐と基本的には同じ考え方がいまの経済学者や政治家たちの考え方の主流なのです。

 彼らこそ間違った考え方をしているのに、それが主流になるとまるで正しい考え方であるかのように思われてしまう。これこそマルクスがいう、その時代の生産関係という土台の上に乗った上部構造の思想なのです。だからこそ既成概念というウロコを目から落とさねばならないのだと思います。

 たしかに核廃絶は資本主義社会が消滅しないと実現しないかもしれません。しかし、少なくともあの資本主義の権化のようなブッシュ大統領が失政し、そのあとに登場したオバマ大統領があのプラハ宣言をなし得たということは、私には正論はやがて世界に受け容れられるようになるだろうというかすかな希望を抱かせます。

 幾多の挫折を経験してきたわれわれにとって、いたずらに過剰な希望を抱くことは危険かも知れませんが、私は次の世代の労働の担い手(政治家ではない)に希望を託すしかないと思います。

 デザイン論の世界も、20世紀後半の資本主義社会に特有な職能であるデザイナーの本質を見抜くことなくして、デザインの本質など語ることはできないはずです。

 歴史的に特殊な労働過程の否定的な姿(これはデザイナーだけの問題ではなく資本主義社会の労働形態全体を指す)を見据え、そうなってしまった根拠への批判から、それを否定した普遍的な意味でのデザイン的能力を論理として抽出することができなければ、本当のデザイン論は成り立たないと思っています。

|

« 広島64年後の状況 | トップページ | 社会保障の財源問題 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210651/45866502

この記事へのトラックバック一覧です: コメントありがとうございます:

« 広島64年後の状況 | トップページ | 社会保障の財源問題 »