« 社会保障の財源問題 | トップページ | 夏の終わりに »

2009年8月15日 (土)

終戦「祈念」日に考える

 今日、64回目の終戦記念日である。NHKがさまざまな特集番組を組んで放映しており、それらのいくつかを見て感じたことを記しておこう。

 どんな戦争体験を持っているか、また終戦の日をどんな思いで迎えたか、といった戦争体験を語り継ぐ番組では、どの証言者ももう二度とあのような悲惨な思いはしたくない。戦争はいやだ。と語っていた。この思いはおそらく戦争中と終戦直後のつらい体験をした人々が共通に抱く感情であろう。ある意味で戦争反対は国民的コンセンサスであるといっても良いだろう。

 しかし、そのコンセンサスが現在の状況の中でどう受け止められているのかといえば、それは様々であって、ほとんど正反対の意見にまで両極化されているようである。それをもっとも鋭く我々に突きつけた問題は、オバマ大統領のプラハ演説と北朝鮮の核脅威の問題であろう。

 オバマ大統領が世界で唯一核兵器を実戦に使用した国であるアメリカが、核廃絶に向けて努力することは道義的責任である、と述べたプラハ宣言は、唯一の核被攻撃国である日本人すべてにとってある種の感動を与えたといってもよいだろう。

 しかし一方で核武装を進める北朝鮮が、日本に向けていつミサイルを発射するかわからないという恐怖感を煽られ、日本も「防衛力」を強化し、場合によっては核武装することで北朝鮮の脅威に応えるべきだ、という意見を持つ人がおどろくほど多くなってきている。元航空自衛隊幕僚長の田母神氏の大東亜戦争擁護論のような講演があちこちで「受ける」という土壌が育ってきているのだ。

 占領軍に押しつけられた憲法を改正し、日本も国防軍を持ち、自国を自分の手で護れるようにする。という意見が一見説得力を持っているかのように見える現実が育ってきてしまったのだ。この責任は長期にわたって続いた自民党政権にあるといってもよいだろう。

 たしかに最小限コーストガードとしての海上保安などは必要かも知れないが、それと国防軍を持つということは全く意味が違うのである。国防軍を持つとうことは近隣諸国への脅威を増やすことになり、近隣諸国との戦争の危機を逆に増加させることになる。北朝鮮が運良く?いまの金王朝を維持できたとしても、いまの日本に対して核攻撃を加えるという可能性はほとんどないといってよいだろう。もしそういうことをすればその結果、北朝鮮自身が国際的にどのような状態に追い込まれるかということくらいあのわがままな「将軍様」も理解しているはずである。かれの核武装PRは単なる脅しの材料に過ぎない。

 しかし日本にもそれに乗じて危機感を煽って、再軍備論を正当化しようとする「過激な偏向思想グループ」がいるために、われわれは必要以上に北朝鮮核武装論への危機感を煽られているのだ。欺されてはいけない。その陰では不況にあえぐ日本の資本家たちが軍需産業に活路を見いだそうとする動きもあるのだから。

 ここでもし日本が憲法を改正し、自衛隊を国防軍として位置づけ、核武装を始めようとすれば、北朝鮮はそれこそ本気になって核武装を始めるだろう。もしかすると韓国もそれに続くかもしれないのである。すでに核武装している中国もますます核武装の強化をエスカレートさせるだろう。そうなればせっかくオバマ大統領が活路を開こうとした核廃絶への道は完全に閉ざされてしまうのである。

 日本人は自虐的歴史観を捨て、大東亜戦争をも評価して、もっと自信を取り戻すべきだ、という意見は、そもそも「自虐的歴史観」というとらえ方からして間違っている。日本が自ら起こしたあの戦争で自国民300万が戦争で死に、中国、朝鮮、その他のアジアの国々でそれ以上の死者を出さしめてきたことを深く反省し、二度とこのようなことがないように祈念することがなぜ自虐歴史観なのか。われわれ日本人はあの戦争でそれまで自分の中にあった世界観も人間観もすべて入れ替えねばならないほど痛烈な反省の場に立たされたのではなかったのか。

 われわれは北朝鮮の「将軍様」が核やミサイルで脅しをかけてきても、そんなものは完全に無視すべきである。そして少しでも話し合おうとする気配があればそれを積極的につかみ、あくまで話し合いで良好な関係を築くようにすべきだ。そこからオバマ大統領のプラハ宣言を実現できる場を生み出せるように努力すべきなのではないだろうか。

|

« 社会保障の財源問題 | トップページ | 夏の終わりに »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210651/45936512

この記事へのトラックバック一覧です: 終戦「祈念」日に考える:

« 社会保障の財源問題 | トップページ | 夏の終わりに »