« 「国家戦略室」のデザイン力やいかに? | トップページ | 菅さんのグランド・デザイン第一弾 »

2009年9月 9日 (水)

「ガス抜き」ではないCO2ガス規制を

 mizzさんコメントありがとうございます。たしかに民主党のCO2削減目標は目の覚めるような数値です。産業界がこの目標に抵抗するのは目に見えていますが、結局は自分たちの存立基盤そのものを否定することになるのは目に見えています。30年位前の自動車の排ガス規制を思い出します。メーカー側はさんざん抵抗した末にいやいや受け容れた排ガス規制を結局エンジニアの血のにじむような努力の末実現させ、その後、日本の排ガス除去技術は世界に誇れる水準になりました。

 アメリカの自動車産業は結局、目先の儲けを優先してきたため、直接利益に結びつかない環境やエネルギー対策として社会的に養成される技術には無関心だったため、とうとう世の中の趨勢に取り残され惨めなことになりました。

 民主党のCO2削減目標も単なる人々の不安をかわす「ガス抜き」に終わらないことを祈ります。

 地球温暖化という形で地球全体におよぼす気候変動とそれがもたらすであろう、おそるべき被害をようやく資本家たちも想像することができるようになってきたようですが、まだまだ自分の企業が割を食うのはいやだという意識が強いのでしょう。それもこれもみな、資本家たちが労働者階級から吸い取った莫大な利潤を巨額の宣伝費に回して、労働者階級に次から次へと新しい商品を買わせ、エネルギーを無駄遣いさせ、消費こそが国の経済を活性化させ、雇用を促進すると声高に叫んできた結果なのですぞ!このうえまだその罪を上塗りする気ですか?

 株主が支配権を握った企業では、株価が下がることで大損をする連中が企業をコントロールするので、その連中の私利私欲のために、社会全体が崩壊の危機に立たされている。この事実を理解できなければ、いくら国際的市場競争に勝っても、雇用が増大しても、待っているのは本当のカタストローフです。

 もう資本主義社会に未来はありません。それは火を見るよりも明らかです。それなのに未だに金融資本を税金で支援し、株式や証券の取引や投機に対する税金を安く抑え、消費税率引き上げなどで税収の不足を補おうとするのは根本的に間違っている。社会正義に反する政策である。

 新政権は決してこのような政策を取って欲しくない。何が正しいのか、何が歴史を見通したポリシーなのか、これこそ「友愛」を旗印とする新政権の本当の意味でのデザイン力が問われる重要問題である。さあ、飛べここがロードス島だ!

|

« 「国家戦略室」のデザイン力やいかに? | トップページ | 菅さんのグランド・デザイン第一弾 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

民主の新政策に期待を込めて、野口さんは、歴史的な転機となるような政治的デザイン力をしっかりと示して欲しいと、さあ、飛べここがロードス島だ!

と云った。そう、マルクスも使った有名な文句の一つだ。いいねえこれ。どんな飛躍が生まれるのか。郵政民営化の飛んでも飛躍は、ぶっ壊れてしまったが、民主の飛躍が未来を引き出すことを願う。

私は、今英訳資本論の第八章を和訳している。資本論を普通に読んで貰えるようにしたい。このブログを見ている人には、マルクス資本論のロードス島をちょこっと読んで貰いたい。興味が湧くと思う。湧けば、やはり本物が見たくなるだろう。第5章の最後の部分である。第6章の表題は、労働力の買いと売り である。この繋ぎの一言でもある。

我等が友、マネーバグス (複数の財布:訳者挿入)、彼はまだ単なる資本家の胎児でしかないが、彼は、彼の商品をそれなりの価格で買わねばならない。それらをそれなりの価格で売らねばならない。そして、さらに、過程の最後には、彼が開始点で投入した価値以上のものを流通から引き出さなければならない。彼の成人資本家への発展が出現しなければならない。流通局面の内側とその外側の両方において。これが問題の条件である。ここがロードス島だ。ここで跳べ。(Hic Rhodus, hic salta! ラテン語 )

読んで来れば、単なる商品流通の繰り返しの中から、資本が生まれる飛躍をいよいよ論じることろである。次章に飛びたくなるのは必然なのである。

どうだろうか、読みたくなったでしょう。

なんか宣伝ぽくなったかな。まあいいか。


投稿: mizz | 2009年9月11日 (金) 12時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210651/46167807

この記事へのトラックバック一覧です: 「ガス抜き」ではないCO2ガス規制を:

« 「国家戦略室」のデザイン力やいかに? | トップページ | 菅さんのグランド・デザイン第一弾 »