« アメリカ的世界観 | トップページ | デザイン労働の生み出す価値 »

2010年7月17日 (土)

絵に描いた餅は空腹を満たさない

 民主党が参院選で敗北し、管首相が国家戦略局設置をあきらめた。これで民主党の目玉がまた一つ減った。

 民主党が掲げた「政治主導」はもろくも崩れ去ったようであり、官僚たちは、「それみたことか、だから俺たちに任せれば良いんだ」と内心高笑いをしていることだろう。

 選挙で当選した政治家が、にわかに政権を主導しようとしても、そうは問屋が卸さないのが、現在の政府の仕組みである。官僚たちはずーっと継続して自分の持ち場でその仕事に就いており、そこに蓄積された知識やデータは半端なものではない。しかも高級官僚たちは東大を始めとした一流大学を出た超エリートたちであり、頭の出来も政治家先生たちよりはるかに良いのだから。

 民主党がいかに普天間基地移設を唱えようと、官僚支配の脱却と政治主導を唱えようと、そんな空証文は、官僚にとって「へ」でもない。たちまち崩されてしまうのである。もちろん官僚たちも「国を背負っている」という自負からその力を発揮しているのであろう。

 そもそもいまの国家機構の骨格である政府機関の担い手たち(つまり官僚たち)は、「官主導(管主導ではない!)型資本主義体制」として明治維新以降に始まった、日本の近代化とともに育て上げられた、事実上の(というか真の)支配階級である。明治の初め、基幹産業とみなされた蚕糸紡績工業や製鉄工業は官主導で進められ、一定の経営基盤ができあがったところで、「民間」つまり産業資本家たちに払い下げられたのである。その後は日本の官僚たちは、「富国強兵」をスローガンに日清戦争や日露戦争を遂行し、朝鮮半島や台湾などへと植民地支配を広げていった。それによって日本の産業資本や金融資本の蓄積は加速され、日本全体の産業を支配していったのでる。一方で相変わらず地主のもとで江戸時代とあまり変わらない古い体質の元で行われていた農業は、世の中が資本主義化されて行くに従って貧困化が進み(これはある意味で、現在のグローバル資本主義の中でのアジア・アフリカ諸国が置かれた状態に似ているが)、食いっぱぐれた農民(多くは次男三男)たちは産業資本にその労働力を売りに出さねば生活できなくなっていったのである。

 こうして日本社会全体が「官」をピラミッドの頂点とする支配構造を生み出していったのだが、やがて「官」の一部である「軍」が政治の主導権を握り、「財閥」と言われる資本家グループと手を組んで政府を主導し、第2次世界大戦で、数百万の農民や労働者を侵略的戦争に駆り出し殺した上、産業は壊滅したのである。

 しかし、戦後表面的にはアメリカ的民主主義が導入され、資本家に対する政府の関係もより間接的になったにも拘わらず、土台の構造はあまり変わっていないようである。アメリカとは違い、依然として実権を握った政府官僚の間接的主導で、資本家たちが、労働者の生活資料商品の消費を拡大させることによって資本を還流させるアメリカ型修正資本主義を導入し、「所得倍増政策」に尻押しされながら、労働者階級の大変な努力とその成果の搾取のおかげで資本蓄積を「高度成長」させ、巨万の富を築き上げることで日本全体の産業を支配し、労働者の階級意識を「中間階層」あるいは「中産階級」へと変質させることに成功したのである。

 政治形態だけ見れば「民主主義的」な形に見えるが、いわば政策的に「衆愚化」された労働者階級による選挙は、あたかも政党という商品を買わせるための売り込み宣伝の様相を呈し、社会構造の本質を見抜き、変えようとする力は最初から剥奪されているのである。その意味では自民党も民主党も同じ土俵の上で相撲を取っているのであって、このどちらかが勝つことによって、われわれの未来が決定されるわけでは決してない。

 民主党のマニフェストはマルクスのマニフェスト(共産党宣言)とはまったくもってほど遠い代物であることを見抜くべきであろう。それはまさに「絵に描いた餅」以外の何物でもないし、その「絵」それ自体が問題の本質から目をそらせる内容なのである。

|

« アメリカ的世界観 | トップページ | デザイン労働の生み出す価値 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210651/48896439

この記事へのトラックバック一覧です: 絵に描いた餅は空腹を満たさない:

« アメリカ的世界観 | トップページ | デザイン労働の生み出す価値 »