« 「デザイナー」という種類の労働者の実態を考える(3) | トップページ | 「デザイナー」という種類の労働者の実態を考える(4) »

2010年8月 6日 (金)

「封印された被爆者の記録」を見て

 さきほどNHKの1chで表記のドキュメンタリー番組をやっていた。この内容は衝撃的であった。広島に原爆が落とされてから2日後の1945年8月8日から陸軍の軍医を中心とした被爆者の調査団を送り込み、被爆者の詳細な調査が行われたが、終戦と同時に陸軍はこれを新たに国内で結成された医学調査団に引き継ぎ、180冊に渡る報告書を作成したが、日本の調査団はこれをわざわざ英訳までして全部まるごとアメリカ側に渡してしまったらしい。アメリカではこれを核兵器の殺傷力を裏付ける貴重な研究資料として、極秘扱いにして核兵器の開発に役立ていたが、日本においてもその報告書の所在は最近になるまで知らされていなかった、という話である。当時のアメリカ側調査団にいた人の証言によると、彼らは「被爆国でなければ得られない貴重な資料をもたらしてくれたことで大変役に立てることができた」と言っていた。

 しかもこの膨大な被爆者調査の資料は、その治療には一切役立てられたことはなかったというのである。当時娘が被爆してほとんど治療も受けられず苦しみながら亡くなった後にその遺体を負ぶって帰ろうとした父親に、当時の日本の医学調査団の一員が声を掛け、今後の研究のために遺体を解剖させてくれと頼みにきたらしい。父親は最初断ったが、目の前で多くの犠牲者が死に、多くの患者が苦しんでいる有様を見ているので、その治療に役立つならと、解剖を承諾したそうである。しかし、娘の遺体は内臓を摘出され切り刻まれた上、アメリカに持って行かれてしまい、父親が亡くなるまで、そのもとに返されることはなかった。そして最近になってアメリカから日本の大学に返還されたらしいが、それを知ってその遺体の一部を引き取りにいった甥が、見せられたのは、何枚かのプレパラート標本になったその断片であった。そしてその解剖調査の結果は、極秘にされ、被爆者の治療のために役立った形跡はまったくないのである。

 まったくやりきれない話である。戦争とはこういうものだということを痛切に感じさせられる番組だった。悲惨とかむなしいとかいう言葉をはるかに越えて、もう何も言うことが出来ないほど、怒りとも悲しさとも何ともいえない気持ちに襲われた。

 今朝の、国連事務総長やアメリカ大使が初出席した広島原爆死没者慰霊の日での管総理のスピーチでは、非核3原則を堅持し、云々という内容があったが、その後の記者会見では、核抑止力は、核拡散が現実に進んでいるという状態では必要なものだ、と言っていた。これで本当にアメリカの核の傘から離脱することができるのか?いや本当に核廃絶ができるのか、はなはだ怪しいものである。私の予想ではオバマ大統領は多分広島には行かないだろうと思う。エノラゲイはいまだにアメリカ人にとっては、真珠湾に始まる対日戦争での最終的な戦勝のシンボルなのであるから。戦争とはそういうものなのである。

追記:「国家のため」、「国益のため」といって、人々を戦争に駆り出し、その駆り出した張本人たちは生き延び、駆り出された人々の過酷な運命に自らの罪の重さを重ね合わせることもなく、それを政治の問題として片付けようとする連中。国家とはそのような連中の隠れ蓑であるに過ぎないのか?

|

« 「デザイナー」という種類の労働者の実態を考える(3) | トップページ | 「デザイナー」という種類の労働者の実態を考える(4) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

遅ればせながら、録画して見た。

731部隊との関連も示されていた。
免罪符レポートとして、隠滅を指示した軍中央も黙認したのか、指示を徹底する力も軍中央は失っていたのか。論理がなかったか。

やっと国民の目に触れることになった。その裏で、原爆医療保障を小さくして来た国とその医療関係者には、怒りを感じる。公害にしてもそうだが、税金の支出を少しでも減らそうとする一方で、景気には山分け支出をする資本主義生産体制の性格が明確だ。

民主党政権もこれについては、大した変わりはない。やはり資本主義体制の作りだした産物である。薬害エイズの菅ですら、こうなるのは、彼の脳が傷んだのか、はたまた、資本主義体制の偉大な力が彼の脳に入り込んだからなのか。

投稿: mizz | 2010年8月10日 (火) 14時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210651/49078384

この記事へのトラックバック一覧です: 「封印された被爆者の記録」を見て:

« 「デザイナー」という種類の労働者の実態を考える(3) | トップページ | 「デザイナー」という種類の労働者の実態を考える(4) »