« 「大きな官か小さな官か」の問題か? | トップページ | 自由な競争が安くて良い商品を育てるという神話 »

2010年9月18日 (土)

「就活」という労働力商品市場の姿から見えてくるもの

 今朝の朝日新聞に高校卒の求人倍率(就職希望者数に対する求人数の割合)が0.67倍で昨年度に比べ平均で7.6%も落ちているというニュースが出ている。地域差が激しく、東京では2.23倍であるのに対して最低の沖縄では0.12倍である。この地域差も問題であるが、最上位の東京においてさえ、ある家電量販店の90人枠の面接に200人もの希望者が来ているそうである。また沖縄県宮古島の実業高校では就職希望者70人のうち企業の面接を受けることができたのはわずか9人だったそうである。他の人たちは面接を受けることすら出来なかったのである。おそらく大学・大学院卒ではもう少し求人倍率は良いのだろうが、それでも0.8倍も行かないのではないだろうか?

 これらの数字や状況をどう解釈するかという問題もあるが、一方で高学歴社会である日本でも最近は、非正規雇用労働者の割合が急増しているという現実がある。しかし、おそらく高卒の人たちは何らかの理由(多くの場合、経済的理由であろう)で大学への進学を断念した人たちであろう。彼らが卒業した後に、社会人として活躍する場は、急速に閉ざされつつあるし、たとえ就職できたとしても不安定でいつ解雇されるか分からない状態で暮らしを立てていかねばならないのである。

 アメリカでも、2009年の生活困窮者(09年の貧困ライン基準は4人家族の世帯収入で約187万円以下、1人の場合は約93万円以下)が4360万人(この数値は半端ではない!)となり、史上最悪となった。生活貧困者の数は3年連続で増加し、人種別で見ると、白人が12.3%なのに対して、アフリカ系25.8%、ヒスパニック系25.3%となっている。これはアメリカではアフリカ系とヒスパニック系が貧しい労働者層を占めていることを物語っている。アメリカでの貧困ラインをそのまま日本に適用することは適切ではないだろうが、日本でもこれから確実に貧困率が高まっていくだろう。

 一方で最近テレビなどでよく取り上げられるのが、若者の就職活動での奮闘ぶりである。企業の面接試験で好印象を与えるために、面接の際の態度やしゃべり方、服装など細かいところを指導する大学や高校での就活対策は、見ていて、なんだか悲しくなってくるのは私ばかりではないだろう。たしかにいまの若者は礼儀作法をわきまえない人が多いのは事実であるが、礼儀作法よりももっと大切な、その人固有の人格やそれと一体となった人間的能力をむりやり企業が好む枠にはめ込もうとする指導は考えものである。しかし、大学などの就職担当者は、そうも言ってはいられないのだろう。就職率が下がればその大学もブランド価値が下がり、入学者が減り、経営が成り立たなくなるからである。

 就活という場は、自分を労働力商品として企業に買ってもらうための活動であり、いまの資本主義社会では、こうするしか、社会的に必要な労働を行うことも、それによって生活の糧をえることもできないのである。自分が持っている能力や人格を素直に出してそれがそのまま社会のために役立ち、それによって自分の生活ができるような社会は、「夢のまた夢」でしかない。若者たちが「焼け野が原志向」になるのも無理からぬことだと思う。しかし「焼け野が原」にする前に、その先のことを考えることが必要なのではないか?

 社会に必要な生活資料を生産するさまざまな社会的分業種とそれぞれの分業種において生産を実施している生産単位(企業)が、それらの活動を「資本」のメカニズムにしたがって実行しなければならないという社会が資本主義社会である。そこでは資本が経済社会の主役であって、世の中のために働く人間たちはいわばその「しもべ」である。企業の経営者は、個人的にはどんなに「いい人」であっても、資本の論理に従って企業を運営せざるを得ないのであって、その意味では資本の機能を担う人格にならざるを得ない。そしてそこに雇用される人々は、実は、企業の経営者(機能資本家)に、雇用という形で、自分の労働力を賃金と引き替えに売り渡したことになるのである。好むと好まざるに関わらず、こうした形で機能資本家と賃労働者の関係が結ばれ、そこからすべての社会的に必要な生産物の生産や社会的に必要なサービスが始められるのである。

 その中で、労働者が受け取るのは、基本的にその生活を維持するために必要なだけの(最近ではこれにも満たない賃金が多い)貨幣であって、労働者がその労働において実際に生み出す価値はその賃金より遙かに大きな価値である。しかし、その実際に労働で生み出される価値と労働賃金との差である剰余価値は、その一部が政府機関による税として徴収され、社会保障や公共的資金として用いられているが、それ以外のすべては資本を太らせることに用いられ、世界中のあり余った(社会に還元されていないという意味で過剰な)過剰資本は、すべての産業資本家の上位にあってこれを実質的に支配している金融資本家(トレーダーや株主も含む)たちがこれを獲得しようと激しい争奪戦を繰り広げているのである。こういう人たちの多くは巨額の他人のお金を右から左に動かして、その利子や利ざやで富を築きながら、リゾートに大きな別荘を持って、ヨットで外洋セーリングを楽しんだり、美術品オークションで目の玉が飛び出るような値段で絵画や彫刻を買っていく人たちなのである(もちろん彼らの生き方がそうであるように、こういうお金の使い方そのものも健全ではない)。

 要するに世の中で働く人々は、自分たちが労働において生み出した価値(富)の大半を「資本」として吸い上げられることによって、逆にそれに支配される立場として「賃金奴隷」になっているのである。この事実を知ることがまずは大切であろう。そのために、世の中を「焼け野が原」にする前にもう一度、この事実を完膚なきまでに暴き出したマルクスの「資本論」を真剣に読んでみることをお勧めする。19世紀に西ヨーロッパを支配した資本という怪物は、相貌こそいくらか変わったとはいえ、いまや全世界を(グローバルに)支配していることが理解できると思う。

 

|

« 「大きな官か小さな官か」の問題か? | トップページ | 自由な競争が安くて良い商品を育てるという神話 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメント頂いた方、ありがとうございます。
少しでも多くの若い人たちに読んでもらいたいと思っております。次の世代を担う若い人たちが、自分たちの生きている社会の真実を知り、そこから世の中の変革への力を生み出してくれることを祈っています。

投稿: 著者より | 2010年10月25日 (月) 10時23分

とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

投稿: 職務経歴書の書き方 | 2010年10月22日 (金) 18時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210651/49484288

この記事へのトラックバック一覧です: 「就活」という労働力商品市場の姿から見えてくるもの:

« 「大きな官か小さな官か」の問題か? | トップページ | 自由な競争が安くて良い商品を育てるという神話 »