« 資本の拡大再生産から見る過剰資本の処理形態について(その3ー奢侈品生産) | トップページ | 資本の拡大再生産から見る過剰資本の処理形態について(その5ー不生産的消費財) »

2011年6月12日 (日)

資本の拡大再生産から見る過剰資本の処理形態について(その4ー不生産的生産)

 資本主義社会は、1930年代には崩壊の危機に立たされていた。一方で社会主義圏の台頭があり、世界的な規模で拡大する労働者の組織的運動があり、他方で資本主義圏は世界的な金融大恐慌に晒され、失業者が巷にあふれていた。資本主義社会がこの「難局」を乗り越えて、1950年代以降再び隆盛を迎えたのは、ひとつには、1930-40年代に第2次世界大戦を引き金として実施されたいわゆるケインズ的な財政政策による資本主義体制への国家機構の大幅な関与によるその変質と、他方では、スターリン等の指導による社会主義圏の経済社会政策と国際共産主義運動における大きな過ちによる停滞化があったと考えられる。

 こうして復活したあらたな資本主義社会はマルクス経済学者によって「国家独占資本主義」と呼ばれ、その実態把握が行われた。これをあるグループの学者たちは「資本主義経済の社会主義化」と捉えていたが、その中で、やや異なる見方をしていた宇野学派の経済学者がいた。大内力である。大内は、国家独占資本主義社会を、国家機構の介入なしに過剰資本の処理をやっていけなくなった腐朽化した帝国主義段階の資本主義と捉えていた。大内はこの国家独占資本主義体制における過剰資本の処理形態について次のように述べている。

 「第1に、もっとも単純明快なのは、主として政府の手によっておこなわれる再生産外的消費の拡大である。戦争と軍備の拡大はその代表的なものであろう...(中略)...だが同じ政府の消費であっても社会資本、公共事業、住宅建設、農業保護、社会保障等にむけての投融資ないし支出ということになるともう少し複雑である...(中略)...住宅建設や農業保護、社会保障等は、労働力の再生産費を国家が分担することをいみし、資本はそれだけ低賃金労働を利用しうるようになる。こういう道すじをとおって利潤率を回復させつつ拡大再生産を促すことが資本の過剰を処理するひとつの手段となるわけである...(中略)...問題なのは、住宅建設や社会保障といった労働者階級にたいする財政支出のもついみであろう。(中略)資本の経済的要求からいえば、それは労働力がますます不生産的になっていることをいみするといえよう。”福祉国家”がしばしば資本主義の停滞につながるゆえんもここにあるといえよう」

 「第2に、金融の変質をあげなければならない。(中略)一方では政府の公債発行であり、他方では消費者金融の拡大である...(中略)...こうして社会的にみれば、ほんらい生産的投資に向かうのが本命と考えられていた社会的に集中された資金が、むしろ消費の拡大のためにふり向けられる機構ができあがる」

 「第3に、いわゆる寡占型の競争のもとでつくりだされる膨大な不生産的投資と労働の存在である。独占が寡占にまで発達すると、資本は価格競争をおこないえないようになり、むしろそれ以外の面で競争を展開するようになる。宣伝、広告、装飾やデザインの斬新さ、浪費の創造による販路の拡大等々はその代表的なものといってよい」「こういったさまざまな形の浪費のうえに立った”生産”は、こんにちの過剰資本の処理形態のひとつの形である。それは...雇用も所得をも増加させ、したがって GNP成長率(ブルジョア経済学のご都合主義的指標にすぎない...引用者注)を高める作用をもつから、一見経済の発展をもたらしているように見える。しかし、それはいわば、不生産的”生産”の拡大なのであり、そのことは第3次産業の異常な膨張のうちに端的にしめされているといえよう。われわれはここにも国家独占資本主義の腐朽性をみないわけにはゆかないのである」(大内力「国家独占資本主義」東京大学出版会 UP選書版、1972、p.230-241より)

 この大内力の分析は、私はおおむね正しいと思うし、いわゆる社会主義圏が崩壊したのちの今日の国家独占資本主義社会における過剰資本の処理形態の分析はこの延長上に行われるべきだと思っている。そして特に、デザイナーという職能の不生産的生産とくに浪費の創出における役割を明確にし、その否定のもとに本来の労働過程における「デザイン的側面」の「現在における」在り方を明らかにする必要があるのではないかと思うし、これこそ「デザイン研究」のもっとも重要な課題であると信じている。

(続く)

|

« 資本の拡大再生産から見る過剰資本の処理形態について(その3ー奢侈品生産) | トップページ | 資本の拡大再生産から見る過剰資本の処理形態について(その5ー不生産的消費財) »

新デザイン論」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210651/51921705

この記事へのトラックバック一覧です: 資本の拡大再生産から見る過剰資本の処理形態について(その4ー不生産的生産):

« 資本の拡大再生産から見る過剰資本の処理形態について(その3ー奢侈品生産) | トップページ | 資本の拡大再生産から見る過剰資本の処理形態について(その5ー不生産的消費財) »