« 朝日新聞「ザ・コラム」をめぐって | トップページ |  結局民主党は自民党「左派」だった »

2011年6月 3日 (金)

菅首相不信任案決議を観て

 昨日、NHK-TVで中継された、首相不信任案決議とそれに先立つ民主党の議員総会はおもしろかった。民主党議員総会においては、菅さんが「大震災の復興見通しに目途がたった時点で若手に任務を譲ることを示唆し、その後の質疑のときに鳩山さんが立って事前に菅さんと話し合い、そのような合意を得たことを補足説明した。そこで会場の雰囲気ががらりと変わり、その後の不信任案議決の衆議院議場では、不信任案趣旨説明がなされたあとに民主党若手議員から、大震災の復興をそちのけにしてこのような政争を行っている場合ではないとしてそれに反対する意見が出されたが、それに対する拍手がひときわ大きかった。その後の自民党や公明党の賛成意見は、ぜんぜん迫力がなく、この時点で、だれもがこれは否決されると感じたと思う。

 要は民主党内の小沢派がこの機に乗じて自民・公明グループと手を組んで菅総理に揺さぶりをかけようとしたにも拘わらず、それに失敗したという茶番劇であった。

 私は菅さんのやっていることを決して支持しているわけではないが、それを責め立てるマスコミや野党のやりかたにはそれ以上に不快感をもつ。一部のマスコミや週刊誌(そのほとんどが特定の党派やグループの回し者であるのだが)はただ言葉汚く菅さんを責め立てるばかりで、その根拠はただ、震災への対応が遅いとか、言うことがクルクル変わるとか、一人で勝手に決める、とかいうことであって、問題の本質を突いていないのである。問題は今日の危機的状態を招いた長期に渡る自民党政権が行ってきた悪政のつけが原発事故や失業や社会保障の後退などという形でいまわれわれにのしかかって来ているということである。このことを棚に上げて菅さんの優柔不断を責めるのはおかしい。

 すべてを「行政のプロ」である官僚にまるなげしていた自民党(特に麻生さん)の官僚・産業界べったりのやり方に対して、政治主導を掲げ、事業仕分け、国家戦略室の新設などによるその実行体制の充実化を図った民主党の政策はわれわれにとって一定の期待を持たせたが、その後、鳩山さんは普天間基地問題であきれるほどのいい加減な施政を見せ、支持を失い、社民党が政権から離脱した。そしてそれに代わって菅さんが首相になったときから小沢派はそれに対抗する動きを強めた。

 菅さんは最初から優柔不断とか指導力がないとか言われていたが、彼はもともと「政治のプロ」としての出自を持った人間ではないし、ある意味で当然のように思われる。むしろ問題なのは、民主党は本当に「民主」であるならば、国家戦略室を徹底してボトムアップな基本政策立案機関として充実させ、そこに労働者や一般人の意見を直接反映させながら、それを原動力として具体的政策を打ち出し、そのために官僚を「使う」ことができる体制を作るべきであったということである。最初からそこがいい加減であって砂上の楼閣であったため、その後の政策や施政がガラガラと崩れ、支持を失っていったのである。

 だから最初の段階で「事業仕分け」などではビビっていた官僚たちもやがて首相をバカにして言うことを聞かなくなったのだろう。いまではきっと彼らは「結局おれたち官僚がしっかりしないと日本はダメになる」という強い意識を持っているに違いない。そこに「政治的実力者」としての小沢氏が「おれの出番だ!」とばかりに手段を選ばず、首相不信任案に与することになったのだろう。

 「政治の非プロ」化させられてきた「一般大衆」たるわれわれも、ただただ週刊誌の過激な見出しに、不満のはけ口を見いだすようなことをせず、もっと冷静に事態を見据え、われわれ自身が真実を理解しそれに対する大きな力を発揮できるような仕組みをボトムアップ的に作り上げていかねばならないのだと思う。いまの政党にわれわれの未来を託すことはできないことを自覚すべきだと思う。

 

|

« 朝日新聞「ザ・コラム」をめぐって | トップページ |  結局民主党は自民党「左派」だった »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

野口さんの指摘を、後期高齢者がなぞると、こうなるというだけのコメントで申し訳ないのだが、怒っているので、書かせてもらうことにした。ご容赦を。

民主党がマニフェストを掲げて自民公明政権を倒した。そう言う世の中になるかもしれないと少し期待した。
だが、直ぐにマニフェストを修正した。その最初は後期高齢者制度の廃止を廃止したことである。続いてやったことは、法人税5%減税、派遣労働、普天間、消費税案、これで自民公明と殆ど同じになってしまった。参院選で惨敗。あとは予算も自民公明とのすり合わせ以外には手がなくなり、地方選挙は候補者も出せない体たらく。マニフェスト復帰という小沢も、内容の説明も論争もできはしない。今回騙されたと鳩山がうめいたが、鳩山の騙しも相当なもんだった。菅はその騙しを継承しただけだった。自民公明と殆ど同じ立場に身を置くかぎりは、政党としての支持を得ることはできないのは自明だが、マニフェスト復帰もないとなれば、首のすげ替えを3回続けることもないだろうから、早々総選挙となる。総選挙の繰り返しと大連立含みになるのも避けられないが、その経過の中で、民主的な選挙の本当の意味が分かってくることだろう。論争材料は豊富だから、それだけで、いろんなことが分かってくる。民主党マニフェストをそのまま継承する政党をこそ、期待したい。もう騙させない。だから、奴隷制度擁護の反撃もすざましいものになるだろう。民主党にマニフェストを修正させた力こそ、奴隷制度擁護派の力だったのである。

投稿: mizz | 2011年6月 3日 (金) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210651/51842036

この記事へのトラックバック一覧です: 菅首相不信任案決議を観て:

« 朝日新聞「ザ・コラム」をめぐって | トップページ |  結局民主党は自民党「左派」だった »