« 日本商工会議所の原発推進見解を突く | トップページ | 「民芸品」と「デザイン商品」の違いについて »

2012年7月21日 (土)

NHK福島原発事故追跡ドキュメントを見て

 さきほどNHK-TVで福島原発事故追跡ドキュメント「メルトダウン連鎖」を放映していた。2号機のメルトダウンから格納容器一部破壊に至る過程と3号機が水素爆発を起こすまでの現場での切迫した状況を再現したものであったが、いずれも、こうした危機状況が起こることを想定していなかったための基本的ミスが原因であったことを暴いていた。

 津波による電源破壊で冷却水の供給が止まった際、過熱した炉内の水蒸気を外部に逃がして炉の破壊を防ぐSR弁が作動しなかったことの原因が、炉内の水蒸気の圧力が上がり、弁を開けるための窒素ガスの圧力を超えてしまって弁が開かなくなったという、そしてさらにメルトダウンして炉内から漏れだした核燃料が格納機内にたまり、格納機の圧力が高まり爆発を防ぐためのベントもそれに送る圧縮空気を送るパイプが地震で破壊されていたために不能となり、格納容器の一部が破壊され大量の放射線物質が外部に排出されたということらしい。また3号機のメルトダウンから水素爆発までの間に危機的事態を救うために必要な緊急物資がほとんど現場に届かなかったのは、危険地域にそうした物資を運び込むためのシステムができていなかったためらしい。いづれも何ともお粗末な基本的設計ミスであったようだ。

 原子炉に関しては、同じ機構を用いている原発が国内に26カ所もあるらしい。そしてこの原因がきちんと解明されない時点で原発は再稼働されたのである。

 再稼働に反対する人々の首相官邸付近でのデモはこれまでで最大規模にふくれあがった。しかし、日本商工会議所をはじめとした産業界、経済界の再稼働推進派の立場を擁護する野田首相と自公「連立」政権はこれを無視して再稼働を強行した。そして何と、労働者階級の代表組織であるはずの「連合」までもが、この政権を支持しているのである!

 廃炉に40年を要するという福島原発は、いまだ不安定な状況にあって、再び大きな地震があれば、危機的な状況が再来するであろう。

 世界で唯一、核兵器による無差別攻撃を(しかも2度も)受け、数十万の生命を失ったたわれわれが、こうして再びおろかな選択をすることになったということ、そしてそういう政治家を「民主主義的選挙」でわれわれ自身が選出してしまったということを次世代を担う若い人々は「嘆かわしい事態」として肝に銘じておくべきであろう。

|

« 日本商工会議所の原発推進見解を突く | トップページ | 「民芸品」と「デザイン商品」の違いについて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210651/55249029

この記事へのトラックバック一覧です: NHK福島原発事故追跡ドキュメントを見て:

« 日本商工会議所の原発推進見解を突く | トップページ | 「民芸品」と「デザイン商品」の違いについて »