« コメントにお応えして | トップページ | 閑話休題:2002年1月5日の日記より »

2012年7月 7日 (土)

マルクスの価値論めぐるディスカッション(8)

 デザイン学会での発表とその後のある購読会(研究会)での講演に関する話題で、そちらに流れが行ってしまったマルクスの価値論をめぐるディスカッションを再びもとの軌道に戻します。

 昨日「名無し」さんからコメントがあり、マルクスの価値論を読み直すならこのサイトを見てほしいとのことで、さっそく覗いてみた。しかし、そこで述べられていることは、私には馴染みのない「DDMの理論」などという言葉が登場し、何のことかと思いきや、Divided Discount Modelという株の配当割引モデルなのだそうだ。どうも私とは、価値論を研究する目的がまったく異なるようで、株価配当モデルにマルクスの価値論をも取り込むということらしい。

 私は、いま世界中が株価の動向によって右往左往しているような社会そのものが根本的におかしいと考えているので、このサイトで述べられていることに関しては興味もないし、何もこちらからコメントはしないことにした。

 さて、話は変わるが、例の購読会(研究会)でのディスカッションについては前回のこのブログでお話したが、そこでもっとも私の話をまじめに聞いてくれたAさんからあらためて「質問状」を頂いた。私は正直うれしかった。これまでマルクス理論などにまったく関心がなかったと思われる人がたとえ「疑問」という形であれそれに興味を持ってくれたのだから。それに対する私からの回答書を以下にアップロードしたので、見て頂ければ幸いである。

http://pga00374.cocolog-nifty.com/ValueDiscussion.pdf

 この回答書を書くのに実はかなり苦労した。最近視力がどんどん落ちているし、めまいに苦しんでいる中で、再び資本論の一部や宇野弘蔵の価値論のページをくって、的確な引用をしようと、まる一日本とPC画面に向かってたからだ。書き終えたとき立ち上がったらクラクラっとめまいが来て倒れそうになった。年は取りたくないもんだ。

 この中で取り上げたベーム・バヴェルク(マルクス批判者であり、マルクス経済学者宇野弘蔵によってケチョンケチョンに批判されている)に典型的に表れているように、マルクス価値論への批判の多くは、マルクスの労働価値説と古典派のそれとの基本的な違いが理解できず、労働により形成され、労働対象に結晶する「抽象的人間労働」という規定が、あたかも商品市場における交換が行われる以前から存在するかのような誤解に陥っている。

 マルクスの価値規定は、宇野弘蔵の指摘する通り、商品経済社会特有の歴史的規定であって、それが社会に全面化され、あらゆるもの(人間の労働力までをも含む)を商品化することで成り立つ資本主義社会において、はじめてその科学的分析対象となり得たものである。それに対してスミスやリカードによる労働価値説は、それを資本主義社会以前から、人類の社会において普遍的に存在したかのように捉えているところが根本的に違うのだ。

 日々われわれの眼前に繰り広げられる資本主義社会の諸矛盾の根底にある「価値法則」の解明というスタンスがマルクスの価値論であり、資本主義社会を永遠化する視点からマルクスの価値論を利用したり批判する立場からは、それはまったく理解できないだろう。

 マルクスの意図を21世紀の現代に引き継ごうとするわれわれのスタンスでは、資本主義社会において初めて科学的研究対象となった、その矛盾の核である「価値」規定を、資本主義社会の矛盾を克服して生み出そうとする次世代社会へと否定的に摂取しようとしているのだ。

 まず、こうしたスタンスが共有できなければ、価値論の研究はとんでもない方向へとぶっ飛んでしまうだろう。

|

« コメントにお応えして | トップページ | 閑話休題:2002年1月5日の日記より »

哲学・思想」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210651/55138847

この記事へのトラックバック一覧です: マルクスの価値論めぐるディスカッション(8):

« コメントにお応えして | トップページ | 閑話休題:2002年1月5日の日記より »