« マルクスの価値論めぐるディスカッション(12) | トップページ | 閑話休題:こまった「最先端IT技術」 »

2012年8月11日 (土)

マルクスの価値論めぐるディスカッション(13)

 「マルクスの価値論をめぐってのディスカッション(12)」にmizzさんからコメントを頂いた。mizzさんのコメントの一部をそのままここに引用します。

「資本論は、資本主義的生産体制が作り出す多くの商品をその入口にして、その商品に込められた意味合いを解き明かして行く理論です。それらの商品は、多くの人々の労働から成り立っていて、全労働が全商品を生み出しているという全体から、平均的労働単位の集積が全商品となっていることを説明します。

 さて、個々の商品はそれゆえ、平均的労働単位で表され、その単位量が同等であれば、それらの商品の所有者同士間で、互いに交換に合意することができることになります。そうして初めて労働力商品と賃金との交換の問題や、剰余労働時間の問題に言及して行くことができるようになり、資本の実体を暴き出せるのです。まさに資本主義的生産体制の社会ならではの仕組みが歴史的に登場し、人々を支配する実体と、その社会の進展を描き出して行くのです。社会の変革が必然的に追究されざるを得ない状況を刻々と今も見通しているのです。」

 まさにその通りだと思います。mizzさんや私に理解できて、少なくとも私よりはるかに知能指数の高いであろうAさんに何故、マルクスの言うことが理解できないのか、それが問題なのだと思います。

 それは 、例えば、何が真なのか?という問題に関連しているように思えます。Aさんに代表される、現代科学の基礎を問題にしている科学論の分野で定説とされているように、「論理的に明解(無矛盾)であること」、そしてカール・ポパー等が言うように「反証可能であること」が科学の科学たるゆえんである、という考え方それ自体に矛盾があるのですが(無矛盾であれば反証は不可能)、百歩譲ってそれを認めたとしても、それによって人間の存在や社会の仕組みが解明できるかといえば、"NO"と言わざるを得ません。現代科学は多くの自然界の仕組みを明らかにしてきましたが、われわれの生活や社会の仕組みにある基本的矛盾を明らかにすることは出来ませんでした。

 それは、現代科学が、対象的自然を認識するという人間の思考の側面であって、社会の仕組みの矛盾を認識してそれを変革していくという目的意識的な「実践的立場」の認識と種類が異なるからだと思います。

 私は科学的思考が間違っているとは決して思っていませんが、それのみでは、人間や社会全体を理解することは決してできないと思うし、もっとも重要なことは、「歴史の論理」というものを理解することができないと思うのです。

 なぜ、いま自分がこのような存在であるのか?という疑問を持った場合、なぜそうなったかのか?という疑問に到達せざるを得ません。それは「いま在るもの」は、「歴史的過程の結果」であるからです。そこから歴史的真理への洞察が始まるのだと思います。

 歴史的真理への洞察は、「論理的に明解な」説明を必要としていますが、それは、対象的自然の仕組みとともに、自分自身の内面を含んだ、「実存」の解明を目指すのだと思います。そこにマルクスの論理が必要なのだと思います。

 いかに現代の自然科学の成果がすばらしいものであっても、自分の存在が矛盾に充ちているという「直感(否定的直感)」を自然科学的認識によって「説明」し「解決する」ことはできません。そこには、その矛盾が何であり、それをどう克服していかねばならないのか?という疑問に応えるものが何も含まれていないからです。そこにマルクスの資本論で初めてその新たなスタートを切った、社会科学と資本主義社会とともに生まれ育ってきた自然科学の目指す目的の相違があるのだと思います。

 マルクスの目指す「歴史の科学」は、自然科学をその内部に含みながらより高い次元からの視点で、人間と社会の歴史を射程とし、その目的を内包する科学なのだと思います。

 自然科学は、資本主義社会が生み出した偉大な人類の成果であると同時に、それが結局は暗黙のうちに矛盾に充ちた資本主義社会を「普遍的な社会」と前提するための「論理装置」として機能し、そのために奉仕する手段となってしまっていることに気づくことが重要だと思います。

 核兵器や原発の開発を可能にし、際限なき自然破壊を促進させ、生きて行くために懸命に働く人々から、不当にその労働の成果を収奪し、世界の90%以上の人々を貧困に追いやっているという事実に、そして「国家」という名の下に階級社会の矛盾を覆い隠され、一人一人の人間としては何の恨みも殺意もない相手の国の人たちを戦争という場では殺さねばならなくなるという矛盾に無自覚である以上、現代科学は決して「歴史の科学」の一部にはなり得ないのではないでしょうか?

 Aさんに代表される現代科学絶対視の立場からでは、マルクスの論理が理解できないのは、むしろ当然なのかもしれませんね。

|

« マルクスの価値論めぐるディスカッション(12) | トップページ | 閑話休題:こまった「最先端IT技術」 »

哲学・思想」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

野口さん、今晩は。

Aさんの論理に多少憤慨を感じながら、資本論の中の工場手工業主の論理を応用して、笑い話に仕立てて、反論することにした。当然ながら、反論にはならなくても、我が無能の証明にはなるという反作用の方が大きくなるが、やむを得ない。勉強させて貰うことにした。

客が論理学を持ち出してこう言った。昨日ここで1万ドルの指輪を買った。今日この2万ドルの指輪を買いたい。昨日の指輪を返却し、1万ドルを支払えば、この2万ドルの指輪を購入しても何の問題も無いはずだ。と。

ところが店主は、昨日買ったという指輪の返却はお受けできませんと云う。例え領収証をお持ちだとしても、昨日これを売った店員は解雇いたしました。返却対応にどのような説明をしたかは分かりませんが、給料が高く、経営に支障をきたすため、給料の安い店員と急遽差し替えたのです。当然ながら、売るという労働の価値をその指輪は含んでいるのはご承知いただけると思いますが、その労働の他に、店主の私の彼を解雇するという至難きわまる労働も入っております。従って、昨日と今日では、その指輪に投下された労働量が大きく異なっていることは当然で、同じ価値として返却を受けるわけには行かないのです。
さらに、今日から消費税率が変わりました。そしてこの指輪の使用価値は、あなたが一日すでに使用した分の価値が磨耗していることはご理解していただけるでしょう。従って、2万ドルの指輪をお求めになるならば、2万ドル支払っていただき、昨日の1万ドルの指輪を決済に使用することは極めて困難ということにご同意いただきたいのです。論理的な矛盾があれば、論理的に解決してご希望に沿いたいと思いますが、私の論理対応にはサービスとしての労働と云うことで無料としますので、よろしくお願いいたします。

客は、笑ってこう言った。消費税率や、使用価値の磨耗は計算可能であり、あなたと店員の労働量とその単価も設定可能の範囲である。当然論理的にそれらの価値は限りなく零に近い。従って、先程主張した論理で十分かつ正当であって、単に1万ドル追加払いし、昨日の指輪の返却と合算することで、2万ドルの指輪を受け取ることができるはずであると。

店主は、同じように笑って、お客さん、指輪の使用価値の磨耗分はあなたが計算するのではなく、私が計算することを忘れていませんか。消費税が大きくなって、5万ドル以下の指輪を売ることなど容易ではなくなったのです。ですから、その指輪の使用価値は限りなく零になったのです。どういうことになるか、かなり難しい問題かも知れませんが、お客様の論理は成立しないのです。

客である論理学の先生は、ご店主、あなたが勝手に、使用価値を決める権利は認められない。社会的常識として、法律に従って減価償却法が適用されるのが基本である。商法に従って、通常の商取引として成立する論理を理解しないのは、不自然極まりない。あなたには金輪際論理を売るつもりはない。と。

あなたこそ、価格のない論理などを売りつけるつもりという論理矛盾の所有者である。私の貨幣は、それらとはなんの交換も欲していない。

マニフェスト商売や原発絶対安全商売のやりとりの論理といい勝負の笑い話を傍に思い出して読んで戴ければ幸いである。知能指数の使用価値は兵役検査程度のものなので、その値が平均を越えているとしても、その程度で分かるかどうかは承知していない。価値にはいかなる労働が前提されているかに思考が至らないブルジョワ社会の論理はこの程度のことなのである。

投稿: mizz | 2012年8月11日 (土) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210651/55397678

この記事へのトラックバック一覧です: マルクスの価値論めぐるディスカッション(13):

« マルクスの価値論めぐるディスカッション(12) | トップページ | 閑話休題:こまった「最先端IT技術」 »