« 閑話休題:「津波てんでんこ」から考えさせられたこと | トップページ | 現代社会に生きる若者たちの悲劇 »

2012年9月 5日 (水)

マルクスの価値論をめぐるディスカッション(14)

 私が例の研究・購読会で7月4日に発表したマルクスの価値論についての解説について、執拗に疑義を発し続けてきたAさんから数日前に4度目の質問書「野口様のご教示(2012.8.8付)についての所見」がきました。私は3回目の回答書で終わりにしたかったのだが、今回の「所見」の内容は何とA4紙18ページにびっしり書かれた文章で、これを読むだけでも大変な作業でした。この内容は、
ダウンロード ValueDiscussion4.doc (196.5K)
からダウンロードできます。これにたいする私からの回答書は、
ダウンロード HNans4.docx (136.5K)
からダウンロードできます。結構読むのは大変と思いますが興味のある方はぜひお読みになってください。かなり激しいやりとりの末、結局私はAさんを代表者とする例の研究購読会から脱退する決意をしました。
 このディスカッションは、最初の私の発表原稿とそれにたいするAさんの最初の質問状から始まるので、この全体の流れを把握するためには、以下のファイルを順次お読み頂く必要があります。
ダウンロード 20120704HN.pdf (310.7K)
ダウンロード ValueDiscussion.pdf (160.7K)
ダウンロード ValueDiscussion2.pdf (143.0K)
ダウンロード Aquest3.doc (62.5K)
ダウンロード HNans3.doc (55.0K)
 オリジナルファイルをお読みいただければ、かなり激しいやりとりがあったことを理解していただけると思います。価値論を深めるという意味ではあまり成果はなかったとも言えますが、要するにマルクスの理論に最初から反感を抱いている人たちが、いかにマルクスの理論を研究対象として意味のないものとして扱い、無視しようととしているかがよく分かります。明白な視点の違いがあり、議論が噛み合うことはなかったと感じています。
それにたいする私の反論は力不足もあって、あまり迫力がないかもしれませんが、これでも精一杯闘ったつもりです。
本当に疲れました。

|

« 閑話休題:「津波てんでんこ」から考えさせられたこと | トップページ | 現代社会に生きる若者たちの悲劇 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210651/55588253

この記事へのトラックバック一覧です: マルクスの価値論をめぐるディスカッション(14):

« 閑話休題:「津波てんでんこ」から考えさせられたこと | トップページ | 現代社会に生きる若者たちの悲劇 »