« マルクス経済学のキーポイント(1 価値論から得られる真実) | トップページ | マルクス経済学のキーポイント(3 資本の再生産における奢侈品生産) »

2012年10月13日 (土)

マルクス経済学のキーポイント(2 商品の価値構成が意味するもの)

 (前回よりの続き)資本主義経済体制においては、価値法則(通俗的には「市場の法則」と言われている)が資本家の「意思決定」に対する外的制約として支配しているが、これは、本来社会全体の共有物であるはずの生産物や生産手段を私的(私企業という形)に占有し、それを「価値増殖」のための手段として用いながら社会的需要を満たすという資本主義特有の生産・消費形態から来る必然であると言えるだろう。

 資本家の頭の中につねに存在する目的意識は、特定の具体的な生産物の姿ではなく、利潤という抽象的な対象への欲求しかないのであって、資本家が彼の利益追求のため選択する具体的生産物(商品)の違いは、たまたまそれについて自分が携わってきたという理由に過ぎない。いま作っている商品が売れなくなれば、より高い利潤を得る可能性があり、自分が保有する技術やノウハウ(正確には資本家自身ではなく彼が雇用する技術者など頭脳労働者の労働の成果をデータとして蓄積したものである)を有効に用いることができることを条件として、まったく異なった商品を選んで生産を行うであろう。
 そういう資本家の頭の中では、彼が売りに出す商品の価値構成 c + v + m は、現実には c +( v + m )つまり v も m も同じ労働の中で労働者によって生みだされた新たな価値部分であるにも拘わらず、( c + v )+ m としてしか見えていないのである。つまり、( c + v )は商品を生産するに要した「費用価格」(資本家的言葉でいえば、原材料費および設備投資+人件費)であり、m は、剰余価値としてではなく、市場での競争の中で「利益」を得るために設定した市場価格に含まれる「利潤」としてしか見えていないのである。資本家的視点からでは剰余価値は決して真実の姿で映らないのである。
 このようにしか見えていない資本家にとって、商品の生産は、市場で競争する他のあらゆる資本家たちとの「私的な戦い」(実際に生活を賭けて戦わされるのは資本家に雇用された労働者たちである)の中で、「利潤」を確保するための手段であり、社会的需要を満たす「必要にして十分な」生産物を生みだすという意識はないのである。売れなくなれば、それを作るのをやめる。売れればいくらでも作る、という個々の資本家たちの、いわば無政府的行動の結果が、全体として「市場の法則」を生みだしているのである。
 そして、その市場での競争の過程で、資本家間の利益配分が自ずとこの「法則」のもとで行われ、m は直接的な剰余価値ではなく、個々の資本家の利潤率の違いを均等化する「平均利潤」という形で資本家たちの獲得する「収入」となる。そして資本家たちは彼らの生みだす商品の価値を費用価格+平均利潤で表される「生産価格」という形で見るのである。商品市場での商品の価格は直接的に価値を中心とするのではなく、この「生産価格」を中心にして需要・供給関係に左右されながら、売買されているのである。
 マルクスは彼が「価値」の真実を摘出し得たことによって明らかにされた、この商品の価値構成 c + v + m から、m / v つまり可変資本部分として価値化される労働者の賃金に対する剰余価値の比率を「搾取率」と呼んでいる。そして m / ( c + v )、つまり可変資本部分(労働賃金部分)+ 不変資本部分(生産手段に投じた価値部分)、に対する剰余価値部分の比率を「利潤率」としている。前者は、資本家と労働者の関係を端的に示すものであり、後者は、資本家間の利潤分配関係を示すものであるもいえる。
 マルクスは、こうして資本家的経済の中で常識的に扱われていることの虚偽性を暴き、その真実の意味を見事に摘出し得たのである。マルクスが資本家と同じ対象を見ていながら全く異なる意味とその真実をそこに見いだし得たことの背景には、「頭で立っているヘーゲル弁証法」を足で立たせた、と彼自身が言っているような、思想の大転換があったからなのであろう。
(次回に続く)
 

|

« マルクス経済学のキーポイント(1 価値論から得られる真実) | トップページ | マルクス経済学のキーポイント(3 資本の再生産における奢侈品生産) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210651/55878570

この記事へのトラックバック一覧です: マルクス経済学のキーポイント(2 商品の価値構成が意味するもの):

« マルクス経済学のキーポイント(1 価値論から得られる真実) | トップページ | マルクス経済学のキーポイント(3 資本の再生産における奢侈品生産) »