« 総選挙を前にしていまの社会の矛盾をどうとらえるのか? | トップページ | 厳冬のアンシャン・レジーム到来 »

2012年12月17日 (月)

総選挙の結果をどう見るか?

 あらかじめ予想はされていたが、衆議院議員選挙の結果、自民・公明グループは320議席を取り、民主は解散前の1/4に減った。そして石原・橋下「維新の会」は民主党と肩を並べる第3党となった。この結果は、いわば「国民の選択」であって、自民・公明グループは、これによって過去の失政が「浄罪」されたと考えているだろう。

 3年前の総選挙で民主党が圧勝した時に、自公政権からの政権交代に期待した選挙民が、その後の民主党政権が行った政治に失望し、裏切られたことがこの結果であるとすれば、あのときの期待は何であったのだろうか?
 「自由・民主」「公明」という名の官僚と一体のトップダウン政治、「国民政党」という看板のもとでの資本家の立場からの「経済成長」最優先の政策や税制、「規制緩和」という名目での労働者保護法の実質的崩壊、それらに起因した格差の増大、そうした自民・公明政権の矛盾を肌で感じた選挙民の「政権交代」への期待ではなかったのか?そしてその後の東日本大震災による被害と原発事故がもたらしたものは、自民・公明政権が「安全神話」という虚言のもとで推進してきた原発が、本当は誰のため、何のために存在していたのかをはっきり示したのではなかったか?
 しかし、今回の選挙で、再び自民・公明グループが大勝利し、歴史はふたたび、もとに引き戻された。選挙民は相変わらず50年間自民政権を支えてきたような「親方日の丸」的「愚民」なのであろうか?官僚と一体の中央のトップダウン政治に対抗する地方自治の意識高揚は、もろくも右よりの「維新の会」に吸収されてしまうのだろうか?
 「新しく生まれ変わる」と称している自民党は、満を持して、憲法を「改正」して再軍備を合法化しようとしており、原発を維持し続けながら「企業の国際競争力」をつけさせ、強引なインフレ政策でいまの「経済不況」を乗り切ろうとしている。これで懸案の諸問題がすんなりと解決するはずがない。事態はどのように展開するか分からないが、惨憺たる結果に陥る可能性が強いと思う。
 おそらくは世の中ではこうした政策に反対する人々と、選挙結果に勢いづけられてこれをごり押ししてさらに右傾化させようとする勢力の対立が激しくなるだろう。
 軍備をちらつかせた外交交渉で領土問題を解決しようとすれば、相手国もおなじ態度で対峙するだろう。対立を回避し、それらの国々との経済関係の維持を取るか、領土の権利を取るかが問われ、多大な犠牲を払いながら結局は資本にとって有利になる方向で妥協を模索せざるを得なくなるだろう。
 「企業の国際競争力」をつけるためには、製造業や農業は労働賃金の安い国々で作られたものに依存せざるを得なくなり、現に「空洞化」が進んでいるにも拘わらず、TPPなどの貿易協定を前提としながら、より深くグローバル市場に食い込むことを考えているようだが、それによって、国内の労働者は、基幹的な第一次・第二次産業からさらに放逐され、第三次産業などの不安定で過酷な労働に就業せざるをえなくなり、ますます生活が不安定になるだろう。
 それによってやがては再軍備への道と、軍や軍事産業への失業者の吸収という道も政府の選択肢に上がるかも知れない。加速する「経済優先(すなわち資本優先)」政策のために、証券取引所は活況を呈するかもしれないが、われわれの生活においては消費税が上がっても社会福祉やセーフティーネットはむしろ削減され、就職戦線(労働市場)での労働者同士の競争はますます激しくなるだろう。そしてますます社会的格差は増大するだろう。
 経済優先のために、原発は必須であるとされ、これに反対する意見は、やがて「非現実的」とされるような世論を醸成して孤立に追い込まれることになるだろう。引き続き事故が起こらなければやがては、脱原発や反原発というスローガンそのものが霞んでいき、いつのまにか原発の「存在意義」を認めさせられることになるだろう。
 今回の選挙の結果は、こうした可能性を選択したことになるといえるだろう。さて次の選挙ではいったいどのような「審判」が下されることになるのだろうか?

|

« 総選挙を前にしていまの社会の矛盾をどうとらえるのか? | トップページ | 厳冬のアンシャン・レジーム到来 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210651/56338524

この記事へのトラックバック一覧です: 総選挙の結果をどう見るか?:

« 総選挙を前にしていまの社会の矛盾をどうとらえるのか? | トップページ | 厳冬のアンシャン・レジーム到来 »