« 国会議員団の靖国神社への参拝をめぐって | トップページ | 閑話休題:季節の花 »

2013年4月27日 (土)

憲法改定論議を考える

 まず最初に先日このブログでも取り上げたアベノミクスの値下げ禁止令についてひとこと。昨日内閣はこの値下げ禁止令について、世間からのあまりの反発の多さにビビッて参院戦のことも気にしながら「直接消費税還元という趣旨を打ち出さなければOK」というコメントを発表した。しかしインフレ率2%を実現させたいという本音は少しも変わっていないことはいうまでもない。

 ところで今朝のNHK-TV週間ニュース深読みで、安倍政権の目指す憲法改定についてが俎上に上がっていた。なかなか面白い議論だったので、私の考えも少し書いておこうと思う。
 安倍さんの目論見は、9条を変え、国防軍を創設させたいことと、「公の秩序に反する」行為への法的規制の強化、つまり「表現の自由」への規制、そして古き良き日本の家庭に見られるような倫理観を取り戻す指針の条項を加えることであろう。安倍さんはそれを実現させたいために、96条を変え、「改定」に必要な国会での2/3を1/2にして改定へのハードルを低くしようとしている。安倍さんはアベノミクス人気の流れに乗ってこれをごり押しする気らしい。
 アベノミクスの空騒ぎに踊らされた挙げ句、うっかり参院選で自民党に投票し、参院で自民・公明与党が過半数を占めるようなことになれば、日本の社会は大きく歴史を逆行することになるだろう。若い人たちを「お国のために」あるいは「国際貢献のために」戦場に送り出すことが可能な憲法が国会でのスケジュールに上がり、やがては、前回このブログで書いたような、あの「靖国の悲劇」が繰り返される可能性も出てくるのだ。
 尖閣諸島での出来事や北朝鮮の核攻撃スタンバイという緊迫した国際情勢があって、マスコミがそれを煽り立てていることもあるが、多くの人々が「中国に武力で領土を取られてしまうのでは?」とか「北朝鮮からミサイル攻撃されるのでは?」と危惧している現在、「国を護るための軍隊が必要」という安倍政権の主張は賛同を得やすい雰囲気になっている。そして憲法改定によってそのような雰囲気が政権によって正当化されるようなことになれば、反戦や反軍の主張は「公の秩序に反する行為」として処罰の対象になり得るのだ。
 完全に経済の原則に反し、矛盾だらけのアベノミクスがその当然の結果として崩壊して、社会経済が行き詰まったとき、若い人たちは、職にありつけず、生活に希望が失われ、それが容易にネオ・ナショナリズムに結びつき、改憲・創軍は一挙に進むこともありそうだ。
 安倍さんは現憲法がアメリカ占領下で作られた憲法であり、現状に合わなくなっているので、日本人の手でいまの日本に合った憲法を作るべきだ」としており、御用学者たちは、同じ第二次世界大戦敗戦国であるドイツでは戦後50回以上も憲法が改定され、その過程で再軍備を成し遂げているのだから、日本もこうした「普通の国」になって国連多国籍軍の一員として「国際貢献」のできる国になるべきだ、と主張している。
 しかし、あの敗戦直後の日本で、大部分の日本人は新憲法に大きな期待と希望を見いだしていたのであって、それは他国から押しつけられた憲法であるなどという感覚とはまったくかけ離れた実感であった。そして当時のドイツにおいては、東西冷戦下で二つに割れた国が冷戦の直接ぶつかり合う場であった関係で、むしろアメリカをはじめとする連合国側がドイツの再軍備を強力に推進させたのである。
 私は憲法をまったくいじくってはいけないなどとは思わない。もちろん歴史的に見ていまの社会にそぐわない部分は直すべきであろうと思うが、それはあくまでこの社会の土台を支えている人々(労働者階級がその中心)の視点による歴史的な展望から判断されるべきであって、すこしずつ長い時間をかけて論議され、明確で科学的な根拠にもとづいて逐次直されていくべきものであろうと思う。安倍さんの目指す「改定」はまったく歴史に逆行する視点であり、われわれの先輩たちの過去の失敗や挫折を何一つ反省していない視点であるといえる。
 いまは歴史的に見ても大変危ない、そして大きな転換点であると思う。これからの社会のあり方を決めるのは「お上」ではなく、われわれ自身である。心して選挙に臨もう。
 

|

« 国会議員団の靖国神社への参拝をめぐって | トップページ | 閑話休題:季節の花 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210651/57256434

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法改定論議を考える:

« 国会議員団の靖国神社への参拝をめぐって | トップページ | 閑話休題:季節の花 »