« アベノミクス・コメディー | トップページ | グローバル資本の「合法的」脱税 »

2013年5月25日 (土)

現代日本の貧困の実情

 今朝のNHK-TV「週間ニュース深読み」で、日本の子供の貧困問題が取り上げられていた。もちろん子供の貧困の背景には大人の貧困があるのだが、それが子供にとってはより深刻な問題を起こしている。シングルマザーの家で、親が朝早くから夜遅くまで働きに出ているので一日に学校給食しか食事を摂れない子供、家で勉強する場所もなく学校での勉強が追いつけない子供、塾のお金が払えないので大学受験を諦めざるを得なくなった子供、自分がいるからお金がかかり、親に迷惑を掛けていると感じるようになる子供、そしてそのため自死を選ぶ子供、などなどである。

 そしてその背景には、父親が会社を突然リストラされ、収入が激減した家庭、両親が離婚して母子家庭になったため母親が不利な労働条件で過酷な労働をしなければ家計が持たなくなり子育てが出来なくなっている家庭、親が病気で働けなくなった家庭などがある。
 いまの日本でこうした子供たちが6人に一人の割合で存在している。そしていわゆる先進資本主義国の中でも、日本は子供の貧困率がダントツに大きいし、年々その割合が増えている。しかも安定した労働に就くことができない独身者を含めて、働くことでこの貧困が解決されることが少なく、子持ちの労働者では教育費の高騰などのため、親が働いても働いても家計が楽にならない家庭が多い。そして年々この状況が深刻化している。子供たちはこんな状況で未来に希望など持てるはずがないではないか。
 これは、戦後の貧困時代から高度成長期をもたらした世代の高齢者(多くはいわゆる成功者)がよく言うような「貧困こそが自分を強くする」とか「やる気の問題であり自助努力こそが必要なのだ」などと言ってすまされる問題ではないのである。現在の貧困はこの時代の貧困とは質がまったく違い、はるかに深刻なのだ。
 この貧困の拡がりは、これまでの政府がカネと太鼓で進めてきた「経済成長」の必然的結果なのである。いわゆる技術革新によって労働生産性は飛躍的に高くなり、一人当たり単位労働時間に生みだす価値量は飛躍的に大きくなった。しかし、労働時間は短縮されるどころかますます長時間となり、それらのもたらす莫大な富は、決して価値を生みだした労働者たちに環流せず、富裕層を太らせている。本来ならばこの飛躍的に大きくなった富は、社会を支えるために日々自分の持ち場で働いてきた労働者が、突然病気で働けなくなったり、高齢で働けなくなったり、様々なやむを得ない事情で生活が継続しにくくなった場合にそれを支援する資金としてあらかじめ社会的にプールされるべきものであったはずだ。しかし、実際には、この莫大な富の大半は富裕層の私有財産となり、それでも余った莫大な量の過剰流動資本は、あらたな富を求めて投資に回されている。
 資本主義社会での「経済成長」はこういう格差社会を必然的に生みだす構造になっており、その矛盾が子供たちの貧困にもっとも顕著に表れている。
 こういう「経済成長」がもたらす過剰流動資本にたいする資本家たちによる獲得競争がいまや世界中に拡大し、その激化と加速によって自然は破壊され、エネルギーが無駄遣いされ、人類全体に危機がもたらされている。
 このような事態を直視できない資本家代表政府には問題の本質が何も見えていないのだ。彼らはただ資本家的企業の国際競争力を付けさせることにしか思考が働かず、企業での過酷な長時間労働や、非正規雇用の増大などで、労働賃金が子育てを含めた労働力の再生産すらできない状況にまで追い込まれ、つねに雇用が脅かされているという事実は、企業の競争力を付けるためにやむを得ないこととしか見ていないのだ。
 こんな状態が許されてよいはずがないではないか!

|

« アベノミクス・コメディー | トップページ | グローバル資本の「合法的」脱税 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210651/57454660

この記事へのトラックバック一覧です: 現代日本の貧困の実情:

« アベノミクス・コメディー | トップページ | グローバル資本の「合法的」脱税 »