« 安倍「独裁」政権成立後の社会を予測する | トップページ | 参院選にあたってこのことだけは忘れまい! »

2013年7月 5日 (金)

参院選をこう捉える

 昨日、参院選が公示され、各党からそれに向けてのメッセージが出された。そこで各党の政策でもっとも基本となる経済政策についてを見てみよう。

 安倍自民党は、資本家代表政府として、当然のことながら、「アベノミクス」による資本家企業の成長こそが、そこに雇用されている労働者やその周辺で仕事にありつけている人々の生活向上の鍵であるという「トリックルダウン」(おこぼれ頂戴)の思想を中心として、いわば「日本株式会社」の国際競争力を付け、「国益」をまもるために強い軍隊を持ち、「毅然とした態度」で競争相手に立ち向かうというのが基本姿勢である。そのために法人税を大幅減税し、借金で首が回らなくなった社会福祉や国政を消費税など、労働者への増税でなんとか賄うという方向だ。これはまさに資本家的リアリズムである。
 それに対して、民主、社民、みどりの風などいわゆる「リベラル派」各党は、生活者への手当を厚くし、生活を安定させることこそ「成長」の鍵だと主張する。しかし、自民党の政策に比べれば、経済的実行力や具体的構想が伴わず、多分に情緒的・雰囲気的な内容である。それもそのはず、資本主義体制の組織全体を基盤とし、資本家や政府官僚たちの利害を代表する自民党政権のリアリズムに比べれば、「リベラル派」の情緒的主張は要するに資本家から労働者への「トリックルダウン」の配分を増やして欲しいという主張でしかなく、「砂糖菓子」のように甘く崩れやすい。3年前、自民党政権の行き詰まりと矛盾の噴出に失望した人々の期待を担って政権交代した民主党政権のその後の惨憺たる「マニフェスト」実行不能の有様を見てもそれは明らかである。
 今回の選挙に臨む各党の主張を見ても、「経済成長」がなければ国の借金も返せず人々の生活も良くならないという暗黙の了解があって、その意味では自民党と同じ穴のムジナである。公明党などはその主張はむしろ民主党に近く、どう見ても自民と連立できる政策内容でないにもかかわらず、この「成長神話」という基本的な一点でつながっており、「政権与党」のカンバンが欲しいがために自民と手を組んでいるのだろう。日本維新の会などは、自民政権の基本的方針をよりカゲキな表現でリピートしているに過ぎない。
 その中で、mizzさんからのコメントにもあったように共産党だけは少し違う。みずから「自共対立」と言っているごとく、基本的に労働者の立場で政策を考えている。大企業に集中している富を労働者側への配分に回し、雇用を増やさせる。そして原発ゼロや改憲反対は、資本家たちにとっては「やばい」主張であろう。
 しかし、私は共産党にこう言いたい。少なくともマルクスの思想を標榜する政党ならば、「国民政党」の枠から脱し、はっきり階級政党であることを打ち出して欲しい。「国民」という概念で経済や政治を考えることは、最初から資本家的イデオロギーの枠組みでものを考えるということだ。「国民」という概念は資本家と労働者という基本的に対立する2大階級の存在を見えなくするばかりでなく、「国益」とかナショナリズムといった誤った国家思想につながる。
 そのため、共産党は資本家代表政府に対して、それに対抗する基本的な立場があいまいである。だから共産党はいつも資本家代表政府への「批判勢力」でしかなく、政権を担うことができないのだ。
 共産党に、何よりもまず認識してほしいことは、いま安い労働力をもとめて国境を越えて世界中の労働者を搾取し続けているグローバル資本に対して、各国の労働者階級が国境の内側に閉じ込められ、支配階級の扇動で国境を挟んで「国民」として互いに対立させられているという事実だ。そのため、国際市場でのまったく無意味で有害な競争に追いまくられ、失業や過酷な低賃金労働や雇用の不安定な生活を強いられている世界中の労働者階級を、国際的な視野から連帯させ、このグローバル資本の強大な支配力に対抗させる勢力とさせることが必要だと思う。
 資本家同士の有害で無意味な無政府的競争(資本増大への無政府的な競争によって無駄な消費が増大しそのため資源は枯渇し、地球環境は日に日に悪化している)をやめさせ、いま世界中で、一握りの資本家たちを太らせ、あまった莫大なカネを新たな投資につぎ込むというかたちで世界を駆け巡っている過剰流動資本を、世界中で働く労働者の手に取り戻すことができれば、「国家の借金」も社会福祉財源もすべて解決することができる。なぜなら、それらの莫大な富はもともと労働者たちが生みだしたものなのだから、これはまさに正義なのである。
 今回の参院選ではまだ人々の「アベノミクス」への幻想が消えていないので、多分自公連合が勝利するだろうが、今後の世界のことを視野に入れて、ぜひ共産党は階級政党に脱皮し、資本家からのおこぼれに期待する「リベラル派」的政党から、一線を画し、働く人々が主役となる社会を目指し、労働者階級の国際的連帯に向けて再出発して欲しいと思う。

|

« 安倍「独裁」政権成立後の社会を予測する | トップページ | 参院選にあたってこのことだけは忘れまい! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 あと一週間の選挙勝負となりました。

 選挙公報が新聞に合わせて配布され、その文面を見て、一つの発見をしましたので、コメントさせて貰います。

 それは取り戻すという文句です。やたら取り戻すと云う言葉があるのです。取り戻し節をはなにを訴えているのでしょうか。

 自民党は「日本を、取り戻す。」そしてさらにこう追加します。「この国の自信を、誇りを取り戻す。」都選出候補のたけみ敬三は「東京から! 日本を取り戻す。」と云っています。また丸川珠代は「日本人の魂に自立 自主 自尊の心を取り戻す。」です。何を取られたのかと云えば、資本主義の自由と自信と誇りと云うことなのでしょう。誰が取ったのかってえ、それは労働者なのです。労働者から取ったにもかかわらず、取り返すと云うことに血道を上げています。

 維新 鈴木信行は、「竹島奪還。 中国の侵略を阻止、自主国防体制の確立。 自虐史観を排除し、教育勅語復活、移民受け入れの拒否、日本人の雇用と治安を守る。」取り戻し口調は際立っています。またよく使う言葉が、既得権益(を取り戻す)

 大地は、「信義、道義、節度、日本の良き伝統文化を取り戻す。」です。

 幸福実現 釈 量子は、「勤勉な"資本主義の精神"を復活させ、個人や企業の自由を増やし、」「自虐史観を一蹴し、サムライ精神を復活させ」「戦後取り去られた"精神性"という柱がどうしても必要」と、取り戻し精神が見事です。

 みんな は、名目4%以上の成長(を取り戻す)

 公明は、安定は、希望です。(政治の安定を取り戻す)

 一体誰が失ったものをなのか。どうして失ったのか。それを誰のために取り戻すのか。取り戻すといかなる結果をもたらすのか、まさにお題目の世界。

投稿: mizz | 2013年7月15日 (月) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210651/57728007

この記事へのトラックバック一覧です: 参院選をこう捉える:

« 安倍「独裁」政権成立後の社会を予測する | トップページ | 参院選にあたってこのことだけは忘れまい! »