« 68回目の敗戦の日に | トップページ | 「新富裕層と国家」を観て »

2013年8月17日 (土)

mizzさんのコメントに関連して

「68回目の敗戦の日に」に対してmizzさんから貴重なコメントを頂いたので、これに関連して前回のブログで充分述べられていなかったことを追加しよう。

 1930年代に中国大陸で日本の軍事政権が引き金を引き、1945年8月15日に数百万の犠牲と、生き残った人々の生活の崩壊を残して終わったあの戦争で、忘れてはならないことが、mizzさんが指摘する世界資本主義の動向と、当時の社会主義圏の動向であり、その中で日本の政府が何をしてきたかである。詳細な分析はあらためて行う必要があるが、ここではそのキーポイントについて触れておこう。
 それは、第1に、実際に社会を支えている労働者たちと、第2に、それを経済的に支配している資本家たち、そして第3に、その階級的対立を「国民」という形で隠蔽し、個々の資本家たちの利害を調整する機関として、それらを国家という形で政治的に統治し総資本の立場を代表する政府、という3者の関係の展開である。
 明治以来、「欧米列強」という欧米資本主義の帝国主義的段階の経済体制に対抗し、日清・日露戦争や第一次世界大戦での「戦勝」を踏み台として「富国強兵」というスローガンを維持し、極東で独自の資本主義体制を拡大しつつあった日本政府が、その過程で、朝鮮併合という強引な方法で、大陸進出の橋頭堡をかため、やがて満州国というかいらい国家を成立させ、欧米資本主義との対立を深めた。そしてそれらを足がかりとして大陸での利権を拡大するために、日中戦争に突入した。ここで欧米資本主義との対立は決定的なものとなった。
 一方では、第1次大戦の敗戦国ドイツにおいて、イギリス・フランスなど戦勝国側への「リベンジ」と、mizzさんが指摘するように、ドイツ国内での共産党の躍進とソ連社会主義に対抗して登場したのがナチスの「国家社会主義」体制である。当時の日本政府は、政治的状況が類似するナチス・ドイツおよびファッショ内閣のイタリアと3国同盟を結んでイギリス・フランス・ソ連、そしてアメリカに対抗しようとした。
 この過程で、弱体化した政権につけ込まれて理不尽にも「併合」させられて、数十年にわたる、屈辱的で過酷な植民地政策のもとに置かれた韓国の人々の苦しみを決して忘れてはならないし、清王朝崩壊後、混沌としていた政治状況につけこまれ欧米資本主義の餌食となっていた中国に、負けじとばかり後から日本が進出し、次々と繰り返される殺戮と強奪によって奪われた中国の人々の土地や生命を決して忘れてはならない。
 そしてもうひとつ、忘れてはならないのは、それらの国々の人たちと何ら個人的恨みも憎しみもなかった日本の人々が、その政府の政治的方針に従って、「愛国戦士」として大陸や太平洋の戦場に送られ、相手国の人々との殺し合いを強いられたという事実である。
 やがてこうした大陸での日本の動きに危機感を持ったアメリカの資本家たちがときの政府を動かし、そこにマンマと乗せられて、1941年12月8日、パールハーバーで戦争の火ぶたを切ったのが日本の軍事政権である。
 太平洋戦線、欧州戦線に参入したアメリカはそれによって軍需産業資本が急成長し、それをテコとして、ドルの世界通貨化に成功し、戦後の世界資本主義体制はアメリカが支配することになった。
  mizzさんも指摘しているように、この戦争の基底にあって、それを推進する原動力となっていた日本の大資本家たち(いわゆる財閥)は、敗戦で壊滅的打撃を受けながらも、戦後の東西冷戦体制の中で日本を「防共のとりで」化しようとするアメリカ資本の要請で、形を変えて息を吹き返し、やがて、日本資本の「高度成長」を担うようになってきた。
 こうして見ると、戦争が、決して「国民」(正確には労働者階級)同士の戦いではなく、「国家」という隠れ蓑を着た各国資本家階級の利害争奪戦であり、各国の労働者はそれら資本家階級の「使い捨て武器」であったことが分かる。
 世界の労働者階級にとって、資本家同士の利害争奪戦やその市場競争などはまったく意味のないことなのである。各国の労働者階級はその自覚を持つことができれば、決して互いに殺し合いなどする理由はなく、逆に国境を越えて、お互いに手を結びこの馬鹿馬鹿しい戦争を食い止めなければならない立場なのだ。
 対決すべきは、労働者たちの生みだした価値を独り占めし、「自由競争」を旗印にした資本家同士の利害争奪戦を、「国家」という形で総資本の立場から統治し、労働者階級にナショナリズムを吹き込み国家間の戦争に駆り出そうとする政府なのではないか?
 残念なことに、かつてはこうした資本主義体制の矛盾を乗り越えようとした中国共産党も、経済政策的誤りから経済体制が崩壊し、結局資本主義的市場経済を導入することとなり、いまやアメリカとともに世界資本主義の馬鹿げた競争をリードする立場になってしまい、中国の労働者・農民の代表ではなくなってしまった(むしろ抑圧機関になっている)ことである。
 いま中国を覆っている「反日」や「愛国」は、党とその政府の生みだしたイデオロギーであり、決して中国の労働者や農民が生みだしたイデオロギーではない。中国の労働者階級も日本の労働者階級もそのことに気付くべきではないか?

|

« 68回目の敗戦の日に | トップページ | 「新富裕層と国家」を観て »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210651/58008032

この記事へのトラックバック一覧です: mizzさんのコメントに関連して:

« 68回目の敗戦の日に | トップページ | 「新富裕層と国家」を観て »