« 残業手当ゼロ政策の持つ意味を考える (その−2) | トップページ | 閑話休題:ズレてるおじさんのつぶやき »

2014年6月 4日 (水)

残業手当ゼロ政策の持つ意味を考える (その−3)

それでは、いま焦点となっている「残業代ゼロ出来高払い賃金制」について考えてみよう。

 労働者個々の能力の差によって、ある者は与えられた時間に少ない量の生産物を供給し、ある者はより多くの生産物を供給することになるが、工場(企業)での仕事全体でみれば、それは平均化された生産量を供給することになる。

 しかし、出来高払い賃金制では、個々の労働者の賃金が異なることになる。出来高払いでは、一方で労働時間に対する個人の自由や、働き方の自由などが生じるが、他方では、労働者間の競争が激しくなり、個々の賃金を平均以上に高める傾向をしめすことになるだろう。

 しかし、全体として見れば、賃金の平均を下げることになる。なぜなら、出来高払いの賃金の算出根拠は、時間賃金のそれと同じで、日労働の価値=日労働力の価値 として決められているからである。一日の労働力を維持するに必要な生活資料の価格が日労働力の価値であり、これが、ある一定の剰余価値率のもとで決められている以上、日労働力の価値+剰余価値=労働賃金 は一定である。

 要するに、出来高払い制は、実質的な労働強度の増大を招き、労働者自身が競争しあってこれを行うことになるのであって、これを資本家は「労働生産性の向上」と呼ぶが、その内実は、同じ賃金システムにおける労働強化の手法なのである。

 日本の労働者の労働生産性が低いのは、仕事をダラダラとやり、残業時間まで食い込むことが常態化されているからだ、とする日本の資本家たち、およびその代表政権の指導者たちは、 出来高払い制を取ることにより、残業が減り、労働生産性が高くなるという。

 しかし、現実には、残業代ゼロ、出来高払い制にしても残業は減らないだろう。なぜなら、「出来高」の決まりがあるわけでなく、出来高を示すノルマはいつのまにか引き上げられ、これまでの標準時間内でもこなしきれない内容になっていくだろうから。

 たとえ、年収1000万以上の高額賃金者(こんな人たちが一体日本に何人いるのだろう?)や最先端の仕事(社会にとって何の貢献もしていない株の売り買いでぼろ儲けするトレーダーもこれに入るらしい!)と限定しても、そのような立場にある人たちの多くは、その日のノルマを果たせば家に帰って休んだりはしないだろう。時間賃金制の部下たちに対して範をたれるために自らノルマを引き上げ、長い時間働き、そして全体的結果として雇用者である資本家が取得する剰余価値が増大する方向に向かわせようとするだろうから。

 よく考えて欲しい、資本家たちは取得する剰余価値の量を、自ら進んで減らそうとすることなどあり得ない。まして激化するグローバル市場での競争に勝つために、その剰余価値量を減らすことなく、商品の価格を下げねばならない現状では、それは賃金を抑え、そこにおける労働力の価値部分をできうる限り減らすことでしか成しえないのだから。

 さらに労働生産性の向上が、出来高払い制に何をもたらすかをみよう。マルクスはいう「労働生産性の変化に応じて、同じ量の生産物が様々な労働時間を表す。であるから出来高払い賃金もまた変化する。なぜなら、それが決められた労働時間の貨幣表現だからである。前に示した我々の例では、12時間に24個の品物が生産され、一方、12時間の生産物の価値は6シリングであった。労働力の日価値は3シリングで、一労働時間の価格は3ペンス、品物1個当たりの賃金は1 1/2ペンスであった。1個には半時間の労働が吸収されていた。今、もし同じ労働日の労働生産性が2倍になったことで、24個に代って48個を供給するとしたら、他の状況が不変であるとすれば、かくて1個あたりの出来高払い賃金は1 1/2ペンスから 3/4ペンスに下落する。あらゆる品物が、今では、1/2労働時間に代って単に1/4労働時間を表すのであるから。24個×1 1/2ペンス=3シリングが、今では48×3/4ペンス=3シリングなのだから。別の言葉で云えば、同一時間で生産される個数が増える割合に応じて、出来高払い賃金は引き下げられるから。」

 たしかに「残業代ゼロ出来高払い制」は資本家にとっては労働者の「合理的」な雇用形態であろう。それはその同じ意味で、労働者にとっては不合理で非人間的な雇用形態であるということだ。

|

« 残業手当ゼロ政策の持つ意味を考える (その−2) | トップページ | 閑話休題:ズレてるおじさんのつぶやき »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210651/59757199

この記事へのトラックバック一覧です: 残業手当ゼロ政策の持つ意味を考える (その−3):

« 残業手当ゼロ政策の持つ意味を考える (その−2) | トップページ | 閑話休題:ズレてるおじさんのつぶやき »