« 広島69年目の夏 | トップページ | 「民主国家」の徴兵制について考える »

2014年8月 9日 (土)

エボラ出血熱ワクチン開発をしてこなかった製薬業界

いま西アフリカでエボラ出血熱が流行し、感染地域の政府だけではお手上げの状態となり、WHOが危機宣言を行った。発症した患者に触れることで感染するが、致死率90%と言われ、現地の医療関係者の多くも感染死してしまった。飛行機で世界中簡単に行き来できる時代なので、いつ全世界的なスケールでアウトブレークになるかもしれないという。しかもいまのところワクチンもなく、有効な治療法もないのだそうだ。実に恐ろしい話である。

 エボラ・ウイルスが中央アフリカで発見されたのは、1976年とのこと。それ以来38年間、世界の製薬業界はエボラに対して何もしてこなかった。最先端科学を誇り、ノーベル賞クラスの研究を多く抱えている世界の製薬会社は、一方で新薬のネタになりそうな生物や物質を探すため世界中のジャングルや秘境に社員を派遣しているようだ。
なのに、なぜいままでエボラのワクチンは登場しなかったのか?答えは、儲からないからである。限定された地域しか伝染が拡がらない感染症であり、患者数も流行地で数百人のオーダーだったので、そのために多くの人材を割いてワクチンや新薬の開発を行っても採算がとれないと踏んだのであろう。
その結果がいまの状況を生み出したといえるだろう。このおそろしいウイルスは、そんな人間界の金儲け主義的科学技術に一撃を与えつつある。
 結局はお金のある人間だけが現代の科学技術の恩恵を受け、金儲けにつながらない問題はつねに後回しにされる。これが資本主義的文明の宿命ともいえるのではないだろうか?

|

« 広島69年目の夏 | トップページ | 「民主国家」の徴兵制について考える »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210651/60121360

この記事へのトラックバック一覧です: エボラ出血熱ワクチン開発をしてこなかった製薬業界:

« 広島69年目の夏 | トップページ | 「民主国家」の徴兵制について考える »