« アベノミクス・2で日本経済破綻へ道を早める安倍政権 | トップページ | アベノミクスのマルクス経済学的分析(その2:剰余価値と消費税) »

2014年12月 7日 (日)

アベノミクスのマルクス経済学的分析(その1:資本主義社会とは?)

暴挙ともいうべき解散・総選挙を迎えて、自公政権が看板として「この道しかない」と息巻いている「アベノミクス」を、私の独学自習のマルクス経済学の知識から私なりに分析してみようと思う。

 まず、アベノミクスの「3本の矢」とは、首相官邸のホームページを見れば、次のことを指す、「第1の矢:大胆な金融政策(金融緩和で流通するお金の量を増やし、デフレマインドを払拭)、第2の矢:機動的な財政政策(約10兆円規模の経済対策予算によって、政府が自ら率先して需要を創出)、第3の矢:民間投資を喚起する成長戦略(規制緩和等によって、民間企業や個人が真の実力を発揮できる社会へ)」。そしてホップ・ステップ・ジャンプの3段飛びで「持続的な経済成長(富の拡大)」を目指す、というあらすじである。
 そして、今度の選挙に当たって、このアベノミクスがこれまで挙げた成果を次のように書いている。
 実質GDP:累計+2.9%成長、業況判断DI:2013年12月より連続プラスを維持、株価:1年11ヶ月で+6.5%、NISA:総買付額1.6兆円の市場に成長、有効求人倍率:高水準を維持(なぜかここには数値がない)、就業者数:21ヶ月連続増(ここにも内訳や数値がない)、賃金引き上げ:平均月額:過去15年で最高水準 夏季賞与:過去24年で最高水準(ここにも数値がない)、消費支出:6年ぶりに増加率1%超え、女性就業率:75万人増加、外国人訪日客数:2014年1月ー10月 1,100万9千人、そして、「企業の業績改善は、雇用の拡大や所得の上昇につながり、さらなる消費の増加をもたらすことが期待されます。こうした「経済の好循環」を実現し、景気回復の実感を全国津々浦々に届けます。」
というわけだ。
 ところで、われわれのいま住んでいる社会が資本主義社会であることは誰も疑わないだろう。しかし、資本主義社会とはどのような社会なのかは意外とキチンとは理解されていないようである。資本主義社会とは基本的に個人の自由に基づく普遍的な社会経済的システムであって、一部の金持ちが不当に多くの富を得て、一生懸命働いている人たちが安い賃金しかもらえず格差が拡大したり、不当に解雇されたりしなければ基本的にそれでよい、と考えている人が意外と多いかも知れない。しかし、例えば、このアベノミクス宣伝の中に出てくる「雇用の拡大や所得の上昇」という言葉や、経済成長(富の拡大)という考え方は何なのかをちょっと考えてみよう。
 そもそも社会は共同体としてそれを個々の場で支える人たちの労働(仕事)の結合によって成り立っている。社会が持続して行けるためには、そこで必要とされる資料(モノやコト)が労働によって産み出されなければならない。それは大きく分けて生活手段(社会的な労働を分担する労働者が生活を営むに必要な食料・衣服・住居・家財など)と生産手段(生活手段を産み出すのに必要な原材料、生産加工機械、工場、オフィス、輸送手段、インフラストラクチャーなど)に分けられる。どのような社会にあってもこれらの生産手段がそれぞれの社会的必要労働の場に必要とされる量、分配されねばならず、またそこに必要な労働力が確保されねなならない。もちろん直接に生産に必要でなくとも社会全体を維持していくために必要な労働(教育、医療、社会保障関係、司法・行政などの労働)もこの中に含まれる。
 資本主義社会ではすべてこれらの社会的必要労働が、資本によって結合され、貨幣資本(G)---商品資本(W)---生産資本(P)---商品資本’(W')---貨幣資本’(G')という資本の回転の中で行われている。われわれの日々の生活に必要な消費資料商品は、それをスーパーや販売店という商業資本家の経営する店で購入し、それを消費して生活しているが、そのために必要な貨幣は、ほとんどの場合、ある企業や店舗などの企業に雇用され、そこで働いて受け取る労働賃金である。この労働賃金は、見かけ上は被雇用者が自分の労働力を雇用者に提供する(雇用者のために労働する)見返りにその「等価」として支払われた「報酬」のように見えるが、実は、労働者に対する労働力の維持費なのであり、決して本来の意味での「所得」ではない。労働者はこの賃金なしには生きて行けないのである。労働力という商品は、モノとしての商品ではなく、自ら労働してそれによってモノを生産する人間の能力なので、人間として生かしておかねば労働力としての使用価値がない。そのために雇用者である資本家にとって必要な費用なのである。資本家はすでに生産手段(広い意味での)を所有しているから、雇用した労働力をそれに結合することで初めて商品の生産が可能となる。しかし、一定の労働期間において、労働者はつねに労働の「対価」として支払われた貨幣以上の価値を産み出し、その労働力の維持費を超えた価値部分(剰余価値)がつねに無償で雇用者である資本家に取得されている。これが資本の原点であり、ここから資本の回転が始まり繰り返され、そこから産み出される「富」はさまざまな形で資本家の手に蓄積されるのである。資本主義社会での「経済成長」とは資本の成長であり、「富の拡大」とは資本蓄積の拡大にほかならない。そして「賃上げ」は資本拡大のための手段の一部になりうるかたちでしか成されず、そのほとんどが「見かけ上の上昇」にすぎない。
(次回に続く)

|

« アベノミクス・2で日本経済破綻へ道を早める安倍政権 | トップページ | アベノミクスのマルクス経済学的分析(その2:剰余価値と消費税) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210651/60773547

この記事へのトラックバック一覧です: アベノミクスのマルクス経済学的分析(その1:資本主義社会とは?):

« アベノミクス・2で日本経済破綻へ道を早める安倍政権 | トップページ | アベノミクスのマルクス経済学的分析(その2:剰余価値と消費税) »