« モノづくりの創造性を生活者の手に取り戻そう!(その3 ソフトとネットの世界) | トップページ | モノづくりの創造性を生活者の手に取り戻そう!(その5 エピローグ) »

2015年1月10日 (土)

モノづくりの創造性を生活者の手に取り戻そう!(その4 衣・食・住)

(その3からの続き)

 それでは、次に、われわれの生活に絶対必要な「衣食住」について考えてみよう。
「衣」: 昔は木綿の普段着でもすり減って使えなくなると、それをほぐして座布団のパッチや雑巾にした。われわれの生活の中には、モノを大切にし、有効な形に仕立て直しそれを使い切るという習慣があったからだ。それがいつしか日本は衣類や雑貨の輸出国となり、資本家企業の元で大量に衣料がつくられ販売されるようになった。普段着は使い捨てとなり、やがて気がつくとそれらはアジアからの輸入品になっていた。すでに国際市場では労働力の安い国でつくられた衣料が席巻していた。やがて日本ではユニクロのようなある品質とデザインを維持しながら安い衣料をつくるようになったが、その作り手は相変わらずおどろくほど低賃金で働くアジア諸国の労働者であり、われわれの生活に根付いてしまった衣類の使い捨て状態は変わらない。われわれの生活からはもはや裁縫用具やミシンなどというものは姿を消してしまった。
「食」: 食料はわれわれの生活にもっとも必要なモノであり、昔はほとんどが国内で自給自足できていた。その後、主食であるコメは食糧管理制度のもとで長く保護されていたため、国内で生産されていたが、その他の食品は自由化によってどんどん輸入品が増え、穀物メジャーなどの市場支配によって国内での生産は圧迫された。やがて食生活の変化もあってコメも同じ運命を辿ることになり、ほとんどすべての食材が輸入に頼ることになっていった。さらに大きな変化は、昔は食事は食材を買って自宅で料理するのが普通だったが、いまでは出来合いの食事をコンビニやスーパーで買ってきて電子レジで「チン」して作るか、手のかかる食事は外食で済ます家庭が圧倒的に多くなった。その背景は主婦が家計を支えるために働きに出て食事を作る時間がなくなったことなどがある。ここでも生活者は「つくり手」の立場を追われたのである。
 そして加工食品産業や外食産業が輸入食材に頼る現実がある一方で、国内で生産される野菜や魚は高価な食品となり、富裕層の食生活を彩ることになった。そのため国内の生産者は「高くても売れる付加価値商品」の生産に走ることになっていった。最近では、海外の食品企業での安全性が問題となって、国内産の食品が市場で増えたが、しかしそれは貧困層が毎日摂るにはあまりに高すぎる食材である。そして皮肉なことに、富裕層の人々はリタイアすると田舎に別宅を持ち、そこで畑仕事をしながら野菜を作って食べることを好んでやるのである。
「住」: 昔はそれぞれの家が、施主が、大工や建具屋へ直接相談し、両者の交渉でデザインが決まって建てられていたが、いまは、ハウスメーカーという大企業が、あらかじめ住宅建材を量産し、設計エンジニアが注文に応じてそれを用いたいろいろな設計サンプルから選択肢を組み合わせて施主の要求に応じる形で建てられている。だから一目見ただけで、どこのハウスメーカーの「製品」であるかが分かる。地代が途方もなく高い日本では、狭い土地一杯に家が建てられ、生け垣で囲まれた古い美しいお屋敷が相続などで売り払われると、その後にたちまち小さな箱のようなよく似たデザインの量産住宅が建ち並ぶ。生活者にとって高くつく特注の住宅を建てることは事実上できなくなっている。だからこれで我慢するしかないのだ。それでも自分の家を持てるだけでも恵まれた方である。多くは賃貸住宅で生活せざるを得ないのだから。
 インテリアはどうか?せめてインテリアだけは施主の好みを直接反映したいという望みはあるが、これも出来合いのサンプルから選択するしかない。イケアのようなこじゃれたデザインで安い家具などもあるが、これはヨーロッパなどの若いデザイナーがデザインし、アジアやアフリカの驚くほどの低賃金で過酷な労働によってつくられている。そして多くの場合すぐに壊れるのである。つまりこれらも使い捨てという方針でつくられている。そうしないと商品の回転率が下がり、儲けを維持できなくなるからだ。
一方では、冷蔵庫、電子レンジ、TV、スマホ、パソコンなどが生活必需品化し、賃金の大部分はこうした生活用具や通信費、光熱費、そして法外に高い住居費に費やされる。
 こうしてわれわれの生活必需品はすべてが資本のもとでデザインされ、その多くは過酷な低賃金労働でつくられた輸入品として市場にやってくる。それは「ひゃっきん」という100円均一ショップの存在も可能にした。だから安くて使い捨てのモノを買って生活すれば何とか生きては行ける。その結果、日本の労働者も賃金が安く抑えられることになるのだ。
 労働賃金とは、資本家や富裕層がかせぐ「所得」などと同じではなく、資本家が雇用する労働者の労働力の再生産のために最低限必要な費用なのだから。そしてこの労働力の再生産費として受け取った賃金をわれわれは生活のために、海外の労働者たちがつくった生活資料商品を買うために支払わねばならず、その貨幣は巡り巡ってふたたび労働者を雇用して商品をつくらせている資本家の手に「所得」として戻すことになるのだ。
これが資本主義生産様式の社会におけるモノづくりの姿である。
(次回に続く)

|

« モノづくりの創造性を生活者の手に取り戻そう!(その3 ソフトとネットの世界) | トップページ | モノづくりの創造性を生活者の手に取り戻そう!(その5 エピローグ) »

デザイン論的文明批判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210651/60951929

この記事へのトラックバック一覧です: モノづくりの創造性を生活者の手に取り戻そう!(その4 衣・食・住):

« モノづくりの創造性を生活者の手に取り戻そう!(その3 ソフトとネットの世界) | トップページ | モノづくりの創造性を生活者の手に取り戻そう!(その5 エピローグ) »