« 資本について考える(その11: 資本主義以後の社会について−5) | トップページ | 資本について考える(その13 : 資本主義以後の社会について−7 »

2015年4月18日 (土)

資本について考える(その12 : 資本主義以後の社会について−6)

 話が少し本題から逸れてしまったようなので、ここでもう一度、資本主義以降の社会について考える際に重要な問題に触れておこう。

  それは、いまグローバル化し、世界中の労働者から収奪された「価値」が、少数の資本家たちの手に集中して莫大な資本家的富となっているが、これが一体どうなるのかということである。一口に言えば、それは労働者階級の手に取り戻されるべきものであって、それを生み出した人々に再配分されるべきものである。 しかしそれは社会化された形で取り戻されるべきものであろう。宇沢弘文がいう「社会的共通資本」はそういうものを指すのかもしれないが、それは決して「資本」ではないはずである。いわゆる「国庫」としてでもない。なぜなら近代的国家そのものが資本主義社会の産物であり、これが国内的には「国民」という形で労働者階級の存在を覆い隠し、対外的には労働者階級のインターナショナリズム的本質を覆い隠すための手段になっているからである。

 グローバル化した資本により国境を越えて労働者が搾取されているのに、それによる資本の蓄積を国単位で考えるのは間違っている。例えば、国家は、資本家に雇用され労働力を搾取されている労働者から、さらにまたさまざまな形で税を徴収し、一方で「法人」として資本家企業からも税を徴収することで、それらのまったく性質の異なる富(一方は剰余価値部分を資本家に不当に搾取された残りの労働者の生活必要部分からの切り取りであり、他方は搾取した価値部分を資本家が所得として獲得した富である )を一体化し、あたかも資本家的法人からも労働者からも平等に税を徴収しているかのように見せながら、資本家階級全体にとって必要な「社会共通資本部分」をファンド化し、それを「国庫」からの支出として税政を通じてさまざまな社会的事業や社会保障費(これは個々の資本家がおこなうべき労働者の生活保障を労働者からの税金によって社会保障費として徴収したものである)に用いる。一方でこうした税収を担保として国債を発行し、それによって大規模国家プロジェクトや戦争に必要な費用を捻出する。他方資本家同士は、資本がグローバル化するに従ってそこでの国際的規模での投資を資本家同士が融通しあい互いに利益を最大化するため(つまり各国の労働者からの収奪を資本家的に分配しあうため)に儲けられた金融システム(世界銀行、AIIBなど)を設ける。そしてそこで流通する国際貨幣(もはや価値実体を伴わなくなっている単なる価値表象)の価値を国際的に維持管理するための基金(IMF)といったシステムをつくることによってそれはからくも保たれている。

 資本家的国家は、これらの国際金融制度を活用する資本家をバックアップし、それによって潤う資本家を通じてさまざまな国の労働者階級から収奪された富を「国庫」として取り込む。これが「国益」の実態である。だからアベノミクスで株価があがって景気がいいと喜ぶのは資本家階級だけであって労働者階級はますます生活が危うくなるのである。これがいまの「経済成長」の実態である。そしてこの「国益」をまもるために軍隊が増強され憲法が改定されようとしている。そこでも「国益」をまもるために労働者階級が犠牲にされる。

 こうして蓄積されるグローバル資本家的富は、特定の国の労働者階級によって取り戻されるのではなく、世界中の労働者階級の連帯と団結によって、国際的な社会共通ファンドとして取り戻されるべきものなのだと思う。そして、そのときは同時に「国民」や「国益」というまやかしが明らかにされ、資本家的国家そのものが換骨奪胎される(もちろん形としての国家は存続するだろうがその意味はまったく異なったものになるだろう)ときなのだと思う。また貨幣もその流通手段や支払い手段としての機能(労働時間に比例した価値を表象するものとして)は維持されるだろうが、それが資本の一形態であることはなくなるだろう。

 そして国際的な社会共有ファンドに組み込まれた生産手段は、各地域やコミュニティー単位で労働者が自由に自分の生活を生産するために用いることができるようになり、そこでは、資本の法則が生んだ馬鹿げた競争は必要なくなり、膨大な無駄の生産は不要となり、したがってエネルギーの無駄使いや自然破壊はまったく意味のないものとなり、必要なモノが必要なだけつくられる本来の意味での経済的社会が可能になる。

 われわれはそういう社会を目指すべきであり、それは実現可能なのである。

|

« 資本について考える(その11: 資本主義以後の社会について−5) | トップページ | 資本について考える(その13 : 資本主義以後の社会について−7 »

哲学・思想および経済・社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210651/61456774

この記事へのトラックバック一覧です: 資本について考える(その12 : 資本主義以後の社会について−6):

« 資本について考える(その11: 資本主義以後の社会について−5) | トップページ | 資本について考える(その13 : 資本主義以後の社会について−7 »