« 朝日新聞「耕論」における佐伯啓思氏の憲法見解への疑問 | トップページ | 佐伯憲法論批判のブログへのコメントにお応えしてー続き »

2015年5月 3日 (日)

佐伯憲法論批判のブログへのコメントにお応えして

前回の佐伯氏の憲法論への私のブログに対してmizzさんからコメントをいただいた。

 mizzさんのご指摘通りだと思います。 うかつにも私は憲法第96条については知りませんでした。不勉強の至りです。そうですか、憲法の公布が天皇の国事として行われるのですね。それは現行憲法で日本が象徴天皇制と言いながら、実は肝心の所で王権を前提とした「国体」を変えてはいけないという暗黙の「了解」のもとにつくられているということですね。多分、これは現行憲法草案作成時に日本の政権側からの要求でそうなったのでしょう。だとすれば現行憲法はますます「押しつけ」による憲法ではないことになりますね。いまの憲法が米国などからの「押しつけ」によって作られたというフィクションは、何とか現行憲法を変えて、「国軍」の存在意義を明確にし、「国民」「国体」「国益」を護るための憲法という性格を明確にしたい勢力のしわざのようですね。
 しかし、そのこと自体がじつは、われわれの暮らす日本という社会で、「民主国家」という名の下にますます絶え間ない搾取と支配の構造を築きあげることになるのですが、そのようなことは彼らには一切目をくれず、むしろ「国を護る軍隊もない国家は非現実的」と声高に語り、そこで語られる「国家」「国益」が誰のためのものなのかは一切語ろうとはしません。
たとえ「国家」間の「国益」がぶつかり合い戦争状態になったとしても私たち一人一人は相手の「国」の一人一人の人々に何の恨みもなく、互いに殺し合う理由など何一つないはずです。それなのに、「国を護るため」に命を捧げさせられるのはいつも私たちではないですか! 「国家」はいつもこうして私たち一人一人の平和な生活を脅かし、破壊してきたではないですか! それはそこでいう「国家」が本当に私たち自身によって主導され運営されていないことの証拠でしょう。
 もし現行憲法を改める必要があるならば、それは私たちを兵士として招集し、国家の命令のもとで押しつけられる「国軍」によって護られる「国体」や「国益」を保障するためのものなどであってはならないはずです。むしろ、戦争状態に追い込まれた両国の人々が、その戦争を起こそうとしている支配勢力と対抗し、互いに手を結び合って、それを防ぎ、ともに平和な生活を維持しようとすることを保障するものでなければならないのではないですか? これを「非現実的」と言いたければ勝手に言えばいいでしょう。だがその先に私たちの未来をどう描こうというのか!

|

« 朝日新聞「耕論」における佐伯啓思氏の憲法見解への疑問 | トップページ | 佐伯憲法論批判のブログへのコメントにお応えしてー続き »

哲学・思想および経済・社会」カテゴリの記事

コメント

 野口さん、今晩は。「国民」「国体」「国益」「人権」「平和」を守る憲法が、権力を縛るのか、権力を守るのか分からなくなっている今日ですが、資本家・自公政権にとっての憲法は、まさに権力基盤を維持するための立法であるべきと、本気で取り組んでいることは明らかです。天皇(王権再利用)も明らかです。今日、憲法記念日に、それをどう学ぶかです。

 さて、この96条第2項の策謀については、これを検証した人がいます。堀内哲(ほりうち さとし)氏です。http://www.doujidaisya.co.jp/book/b110777.html

 96条第2項は、「憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。」となっています。

 国民の名で、とはどう解釈するのでしょう。また、憲法と一体を成すものとして、とはどういうことなのでしょう。さらに、直ちに、とはどういう時間経過以内を表しているのでしょうか。今まで、公式見解など、聞いたことがありません。

 憲法と一体を成すとなれば、天皇制廃止は絶対的にあり得ないとなるのではないでしょうか。天皇家維持の凄い条項になってはいませんか。国民の名で、とは天皇の隠蔽工作そのものでしょう。直ちにとは直ちに棄却するとしか読めないではありませんか。

 この条項はマッカーサーが入れるように指示したものです。政治利用のためです。さて、そうなると、占領軍に「国体」を支持されたのを安倍がどう見るのか興味は尽きませんね。あとで、警察予備軍とか、自衛隊とかの連続技も決まりました。戦後レジームの脱却ではなくて、天皇制維持そのものではありませんか。さらに、マッカーサーが指示するには、それなりの経過が必要であることはいうまでもありません。天皇自らが陪臣と図り、これを飲ませたと云う、もう一つの策謀手続きも不可欠です。面白いドラマが今始まりました。いかなる帰結を迎えるかは、作者のシナリオだけでは済まないでしょう。

投稿: mizz | 2015年5月 3日 (日) 10時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210651/61531035

この記事へのトラックバック一覧です: 佐伯憲法論批判のブログへのコメントにお応えして:

« 朝日新聞「耕論」における佐伯啓思氏の憲法見解への疑問 | トップページ | 佐伯憲法論批判のブログへのコメントにお応えしてー続き »