« 佐伯憲法論批判のブログへのコメントにお応えして | トップページ | これから私たちはどう生きるべきなのだろうか?(その1:近代社会の軋轢) »

2015年5月 3日 (日)

佐伯憲法論批判のブログへのコメントにお応えしてー続き

 さっそくmizzさんから再コメントがあった。

96条第2項は、「憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。」となっているようで、たしかにそうなると天皇は国民の名で憲法と一体をなす存在ということになる。「人間天皇」ということを強調したいのかもしれないが、そうであれば天皇に被選挙権や選挙権がなく、「人民」とは区別された不可侵で特別の存在なのはなぜだろうと思わざるを得ない。
 しかもこれがマッカーサーからの要望で取り入れられたとなれば、私の前回のブログでの「押しつけられた憲法」ではない、という記述も訂正しなければならないかもしれない。
 しかし、mizzさんが言うように、マッカーサーを頭とする占領軍が当時の日本政府閣僚との話し合いで天皇の政治的利用を図って、「国体」を維持させたということであれば、その状態も、当時ようやく「臣民」から解放されようとした「国民」にとっては「押しつけられた」ものであるということもできる。
天皇の戦争責任についてはいまだに決着の着いていない問題だと思うが、それに手を触れずに、戦争遂行政府から引き継がれ維持された「国体」とは一体だれのためのものだったのかも問わず、「自主憲法」を目指した憲法改定を行おうということは、歴史認識における重大な過誤を犯すことになるだろう。
何度も書くが、もし現行憲法を改定するならば、それは数百万の日本人や近隣諸国(アメリカも含む)の人々の命の犠牲をもたらした先の戦争をどう総括し、それを踏まえてどう反省し、どのような未来を目指すのかを示さなければ何の意味もない。ただ無内容な「反省」を口だけで唱え「身の丈に合った自主憲法」などと言ってみても、その内実は再び過去の過ちを繰り返す可能性をはらむことになるだろう。そんな方向に憲法が「改定」されようとするなら私は断固それに反対する。

|

« 佐伯憲法論批判のブログへのコメントにお応えして | トップページ | これから私たちはどう生きるべきなのだろうか?(その1:近代社会の軋轢) »

哲学・思想および経済・社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210651/61532089

この記事へのトラックバック一覧です: 佐伯憲法論批判のブログへのコメントにお応えしてー続き:

« 佐伯憲法論批判のブログへのコメントにお応えして | トップページ | これから私たちはどう生きるべきなのだろうか?(その1:近代社会の軋轢) »