« 日本版産軍学コングロマリットへの道を阻止しよう! | トップページ | 朝日新聞 耕論「消費しない日本人」を読んで »

2015年7月24日 (金)

自ら墓穴を掘った公明党

最近の週刊朝日に載っていた記事によると、公明党内で安倍べったりの現執行部への批判がくすぶっているらしい。(以下引用)

「元公明党副委員長の二見伸明さん(80)は公明党の罪を指摘する。
 公明党から「平和の党」という看板は完全に失われました。山口那津男代表をはじめとする執行部は、総退陣すべきです。
 山口代表が1990年に初当選したあと、私の議員事務所に来て、集団的自衛権について議論したことがあります。そのとき彼は、「集団的自衛権の行使は、長い間にわたって政府が違憲と判断してきた。それを解釈改憲で認めることはできない」
 と話していました。弁護士らしく、筋の通った話でしたよ。それがなぜ、安倍政権の解釈改憲に賛成するのか。いつ変節してしまったのか。まったく理解できません。
 今でも私と付き合いのある公明党の党員や支持者は、本心では全員が反対です。法案の意味を理解しようと思っても、意味がわからないからです。今こそ党員や支持者は、昨年7月の集団的自衛権の行使を認めた閣議決定から強行採決に至るまでの経緯を検証して、公明党執行部がどういう役割を果たしたかを総括すべきです。
 今回の安保法案は、審議に116時間もかけたのに、安倍首相からはまともな回答は一つもなかった。それに協力した公明党の行動は、万死に値します。」(引用終わり)

 まったくその通りと思う。私は公明党の支持者でもシンパでもないが、政権与党にしがみつくことばかりで、安倍の暴走にブレーキを掛けるチャンスは何度もあったにも拘わらず、何一つできなかったばかりか安倍政権が打ち出した一連の危険な政治的決定をむしろ推進させてきたのが公明党だ。
そして民主党があのメタメタなマニフェスト不履行による自壊で、何の思想的裏付けもなく、雰囲気だけのいいかげんな「リベラル」がいかにもろく、人々の期待を裏切るものかを思い知らせたあと、野党としての力を完全に失ってしまった以上、安倍・公明政権がどんどん暴走を続けることになるのは当然であった。
 「民主党政権よりはマシだ」という消極的支持が多数を占めた結果政権を握った安倍自民・公明政権は、それをいいことに、「アベノミクス」で実体的価値のない紙幣をどんどん増刷し、世界一の借金国の道を促進させて、そのバブルマネーを右から左に移すだけで莫大な利益を得る連中を生み出した。彼らのカネの一部が輸出型大企業や第三次産業にこぼれてきて、世の中景気がよくなったと人々に思わせながら、実は世の中を支える大多数の労働者はますます実質的な生活が苦しくなっていった。そうした「見せかけの好況感」で、安倍自民・公明政権は支持率を維持し、それを背景に対外的危機感を煽りながら「解釈改憲」と自衛隊の実質的国軍化を押し進めてきたのである。その結果が今回の安保法制強行採決という事態をもたらしたといえる。
 こうした流れの中での公明党の一連の動きは戦後70年の民主主義の歴史に大きな汚点を残したと言わざるをえないだろう。これで公明党の命は終わった。

|

« 日本版産軍学コングロマリットへの道を阻止しよう! | トップページ | 朝日新聞 耕論「消費しない日本人」を読んで »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210651/61946875

この記事へのトラックバック一覧です: 自ら墓穴を掘った公明党:

« 日本版産軍学コングロマリットへの道を阻止しよう! | トップページ | 朝日新聞 耕論「消費しない日本人」を読んで »