« 閑話休題:新国立競技場 | トップページ | 日本版産軍学コングロマリットへの道を阻止しよう! »

2015年7月20日 (月)

閑話休題: ハッツアンの「国家の責任」論

暑さで思考能力が著しく落ちているので、また落語で行こう。

クマ「おーいハチ、昨日のテレビ見たかよ?」
ハチ「仕事もカネもねえから朝からずっとテレビ見てたぜ」
クマ「そうか、そんなら話しやすいや。テレビで自民党の高村とかいうやろうがよ、「国民の支持率が落ちたといっても、責任政党であるわが党は国家としてやるべきことはやるのがスジだ」とか言ってたぜ、てめーどう思う?」
ハチ「言ってた言ってた。オレは頭に来たぜ」
クマ「どう頭に来たんだ」
ハチ「国家としてやるべきことっていったい誰が決めんのよ。自民党と公明党の偉いオヤジ連中が勝手に決めるんかよ! オレたちじゃねーのかよ」
クマ「憲法じゃ国民主権て書いてあるが、国民って自民のことか?」
ハチ「安保法制が国民を護るため国家としてやるべきことなら、それによって危ねー外国での戦闘で命落とすことも覚悟させられる自衛隊員は国民じゃねーのかよ?」
クマ「自衛隊員もそうだけど、オレっちだって、日本がアメリカ助けるために戦闘に参加すれば、その相手の国の軍隊から攻撃されるかも知れねーんだぜ」
クマ「だよな。国民を護るためとかいう国家っていったい誰を護るんだ!」
ハチ「「国家のため」とかいって国民を戦場に引っ張り出して命落とさせて、いったいだれがそんな嘘っぱちを吹き込みやがったんだ! 前の戦争でオレのオヤジが招集されて特攻隊で死んだときも同じだったんだぜきっと」
クマ「そいでもってよ、オマエのオヤジは靖国神社に祀られてるんだろ?」
ハチ「おうよ、「英霊」だってよ! ふざけんな!! 安倍のやろうがいくら玉ぐし捧げたってオレのオヤジは蘇らないんだぜ、トホホ....」
クマ「泣くな、いい歳して」
ハチ「ところでよ、オマエこの前の選挙で誰に投票したんだ」
クマ「威勢の良いことばかり言うから、自民党に入れちまったんよ。前に民主党が約束ぜんぜん守らなかったもんでよ」
ハチ「ばかやろー! よく考えて投票しろ! 」
クマ「で、オメーはどこに入れたんだよ?」
ハチ「公明党だ」
クマ「ばっきゃろ−!!! そういうのを「同じ穴のタヌキ」ってんだ」
ハチ「ムジナじゃなかったっけ?」
クマ「 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。」

|

« 閑話休題:新国立競技場 | トップページ | 日本版産軍学コングロマリットへの道を阻止しよう! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210651/61921444

この記事へのトラックバック一覧です: 閑話休題: ハッツアンの「国家の責任」論:

« 閑話休題:新国立競技場 | トップページ | 日本版産軍学コングロマリットへの道を阻止しよう! »