« 安保法制が「戦争法案」ですって?という桜井氏の意見広告を巡って | トップページ | モノづくりの創造性 著者解説パンフ »

2015年8月 8日 (土)

mizzさんからのコメントにお応えして

mizzさんから、前回のブログ「安保法制が「戦争法案」ですって?という桜井氏の意見広告を巡って」にコメントを頂いた。

 mizzさん---「なぜ、(安保法制が)戦争にしないための法案なのでしょう。戦争放棄と云う憲法があるのですから、戦争をしない法はあるのですから、なぜ、戦争にしないための法案が必要となるのでしょうか。」
まさにその通りです。この矛盾した思想はまず現行憲法の無視、否定という態度からしかありえませんね。彼(彼女)らにとっていったい何が「国家基本問題」なんでしょうね。
 mizzさん---「戦争にしないために、これらの脅威に対応して安保法制が必要だと云うことの様です。安保法制があれば、アメリカが軍事費を増大して、中国が自国領だとの主張を引っ込め、海洋プラットホームの日中共同開発を進めることになるのでしょうか。そうは桜井さんとても思っていないでしょう。ならなんで、安保法制が必要になるのでしょう。」
まったくそうですよね。彼(彼女)らの独善と思い違いもいいところです。
 mizzさん---「戦争放棄を再確認し、戦争にしないための政治を考えることがなぜできないのでしょう。安倍談話はその絶好の機会になっていると思うのですが、桜井さんそうは思いませんか。多分頭が働かないでしょうね。」
 そうですね、安倍談話の下書きを提供している有識者会議は一方で侵略戦争や植民地支配という事実を認めながらも、「謝罪」は首相の判断の問題だと言ってますね。私は安倍政権が当時の戦争遂行政府の後継責任を自認するなら、まず真っ先に日本の人民に謝罪すべきだと思っています。あの何百万もの人民の死や郷土の破壊に対して日本国政府からもその最高責任者であった天皇からも「謝罪」の言葉は一度も聞いたことがありません。そしてそれがそのまま侵略や植民地支配によって多大な被害や損失を与えた国々の人民や交戦相手国のアメリカやイギリスなどの兵士の家族などへの深甚な謝罪に繋がらなければならないのだと思います。そこからしか戦争放棄の思想は生まれないでしょう。国家の命で侵略戦争に引き出されて死んでいった兵士達をその命令を発した戦犯たちと同じ神社に「英霊」として祀ってしまうなどというごまかしは絶対に許されませんね。

|

« 安保法制が「戦争法案」ですって?という桜井氏の意見広告を巡って | トップページ | モノづくりの創造性 著者解説パンフ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210651/62041231

この記事へのトラックバック一覧です: mizzさんからのコメントにお応えして:

« 安保法制が「戦争法案」ですって?という桜井氏の意見広告を巡って | トップページ | モノづくりの創造性 著者解説パンフ »