« モノづくりの革命から始まる社会変革(3) | トップページ | 大学進学高校のランク付けで社会の差別化を煽る週刊朝日 »

2016年4月 9日 (土)

モノづくりの革命から始まる社会変革(4)

この表題でのブログは3回で終わりにしておこうと思ったが、まだ大きな問題が残っていた。「モノづくりの革命」における生産手段の問題について述べておこう。

 前述の通り、資本主義社会は、生産手段(労働手段および原料素材)の私的集中化がその生産方式を特徴づけており、そこに雇用され、生産手段と結合される労働力の労働内容は細分化され単純化される傾向にある。同時にそれは資本家の意図と思惑を助ける頭脳労働者(エンジニアやデザイナーを含む)による労働の増大をも促進させ、それらが全体として資本主義経済体制特有のモノづくりの形態を生みだしている。
そこでは市場での価格競争に勝つ必要から、あらたな労働手段(機械など)が次々と開発され、生産力が押し上げられ、単位労働時間で生みだされる生産物の量は増え続ける。そしてそれに見合った大量販売が必要となり、大量販売システムが構築される。この過程でモノづくりの本来の主人公は生産過程から放逐され、販売部門や「サービス」部門などなどまだ人手のたりない労働部門に働き先を求めることになる。 こうして大量生産・大量消費体制の基礎が出来上がるのであるが、これは前述の通り過剰資本(利益を生まない資本)を生みだすことにも繋がり、金融市場のさまざまな動きなどで経済的不況や恐慌が生じることにもなる。それは 1930年代に世界恐慌として現実化した。しかし、その後、過剰資本を軍事費や労働者の生活資料など直接資本の再生産につながらない部門で消費されることにより、過剰資本の圧迫から逃れつつ大量生産・大量消費を拡大させる体制が築き上げられた。そしてその結果、いま地球の自然全体が人類の未来を危うくするような危機に陥っているのは周知の通りである。
 資本家の意図の下で次々と開発される労働手段は、機械から科学プラント、発電機・電動機を起点とした電気設備関係や情報機能を拡大させるコンピュータシステムなどへとどんどん発展を続けてきた。資本家たちはこれを「技術革新(イノベーション)」と呼んでいる。農業の世界でも同様に大規模機械化農業の増大、原野や森林の伐採による新耕地の開発などなどが押し進められる。小規模自営農民は農業大資本につぶされ吸収されていき、そこに雇用される農業労働者となっていった。
 こうして直接的生産者からもぎ取られ資本家の手に握られ、肥大化してきた生産手段は、生活者には無縁の存在となり、生活者は資本家達のつくるモノをただ買うだけで生きて行かねばならなくなった。そしてその生きるために必要なモノを買うカネを稼ぐために資本家に雇われて賃金をもらわねばならなくなったのである。言い換えれば、生産手段は資本家が労働者からその労働を搾取するための手段となってしまったのである。
 しかし、いつの日か資本主義社会が終演を迎え、労働者階級が生産の主役に返り咲いたとき、これらの生産手段はどうなるのだろうか?資本主義社会が生みだした高度な生産力がそのままポスト資本主義社会に引き継がれ、目的は変化してそれが直接社会共有ファンドを増やすために機能するようになる、というのが社会主義社会論者の一般的見方である。マルクスは、やがて生産力の高度化にとって資本主義生産体制そのものが桎梏となってそれ(社会的外皮)を爆破する日が訪れるとも言っている。たしかにそう言えるだろう。
 しかし、かつての「社会主義国」が行っていたような生産手段の「国有化」という形ではないと思われる。近代国家は資本の共通利害を代表する機関でしかなく、それをそのまま引き継ぐことは、形を変えた労働者支配でしかないからだ。
いまの高度な生産力を構成している資本家的生産手段の内容はあくまで市場競争に打ち勝ち利潤を維持拡大するための手段として最適化されているのであって、それが必要でなくなった社会では「生産手段の国有化」とはまったく異なった形態になっていくと思われる。
 大規模化した生産手段はすでに分散化を始めており、小規模でも効率よく複雑なモノをつくれる労働手段(例えば3Dプリンターなど)が次々と現れている。 またよく話題になることは、いま人工知能研究が進化しておりやがて人工知能が人間に取って代わる社会が登場するのではないかという話である。しかし私は資本主義社会が終演した暁には、そのようなことはありえないと思う。なぜならば、社会的生産の主人公が労働者・生活者自身であるならば、自分たちの人間的能力であり自己表現そのものである労働自体をそのための手段であるモノに置き換えよう等とは誰も思わないだろうから。人工知能が人間の労働に置き換えられるとすればその動機は、「人件費がかからない労働者」という見方をする資本家の視点でしかありえない。
 もちろんロボットなどは人間が行うには危険度の高い仕事や単純で耐えがたい仕事などを代行されるためには必要であろう。それはあくまで道具なのだから。
 このようなことを考え合わせると、ポスト資本主義社会では、地域分散型社会が再び再生され、いまの「国家」という単位はあまり意味がなくなるかもしれない。生活者はその生活手段を生み出せる範囲の地域で生産と消費の基本的サイクルを維持できる自立共同体をつくり、その地域自立共同体の連合としていまとは異なる意味でのボトムアップ的な 「クニ」が存在するようになるかもしれない。そしてそのような形で生活者はモノづくりの主人公となり、売るためにつくるのではなく「必要なモノを必要なだけ」つくることで成り立つ「コンパクト社会」が可能になるのではないかと思う。そこにおいてはあらゆる労働者・生活者自身が自ら必要なモノをデザインし、本来の意味での創造性を発揮できるようになる。これは馬鹿げた「ユートピア」であろうか? 私にはいつか必ず人類が向かうモノづくりの方向なのではないかと思われるのだが。
(以下「モノづくりの革命から始まる社会革命(5)」に続く)

|

« モノづくりの革命から始まる社会変革(3) | トップページ | 大学進学高校のランク付けで社会の差別化を煽る週刊朝日 »

新デザイン論 および政治・経済・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210651/63460172

この記事へのトラックバック一覧です: モノづくりの革命から始まる社会変革(4):

« モノづくりの革命から始まる社会変革(3) | トップページ | 大学進学高校のランク付けで社会の差別化を煽る週刊朝日 »