« NHK-TV週間ニュース深読み「若者の過労死を巡って」を観て | トップページ | トランプ次期大統領に関する論議を巡って(1)<修正版> »

2016年11月 9日 (水)

没落しつつあるアメリカに登場したトランプ次期大統領の行方

 マスコミなどおおかたの予想を裏切ってドナルド・トランプが次期大統領に選出された。なぜクリントンでなくトランプが多数の支持を得たのか?それはそれまでの共和党ブッシュ政権による政策がもたらした多くの失敗に対し、大多数のアメリカ人の期待を受けて登場したオバマ民主党政権が8年の間にその期待に応えてくれなかったことへの大きな不満と失望があったと思われる。

 特にかつては「中間層」といわれる階層に属していた労働者階級の多くがいまや下層に甘んじなければならなくなった現実、そして巨額の富が一握りの「既得権者」の手に握られてしまったことへの恨みがある。「リベラル派」を旗印としたオバマ政権はそれに対して、「オバマケア」などの国家プロジェクトで下層への配慮を示したが、共和党を中心とした「自助努力」派からは嫌われ、外交的にも核廃絶を掲げながら、イラク・アフガニスタンやシリアなどでの紛争への派兵がアメリカの若者たちに大きな痛手を与え、有効な手を打てないまま「世界の警察官」から実質的に退いてしまった。その上、北朝鮮の核兵器開発をも結果的に許してしまった。
こうした期待外れのオバマ政権に対して次期大統領選での不満と怒りが爆発したのであろう(なんとなく日本の民主党政権が敗北して安倍政権が登場した時に似ているが)。トランプとサンダースへの支持の盛り上がりはその現れであろう。サンダースはクリントンの勝利に資するため退いたが、トランプはそれによってかえって有利になったと思える。
 ところで根っからの「アメリカン・キャピタリスト」である不動産王のトランプが下層労働者の立場に立つと見えるのは、既得権益によってではなく、「自助努力」のみによってゼロからでも自分の様な立場に立つことができるのだ、ということを彼が示したからであろう。これがアメリカン・キャピタリストの真骨頂であろう。
 しかしよく考えてみれば、現在既得権者となっている一握りの連中も実はトランプと同じようにして出世した連中が多いのである。つまりトランプも大統領という最高権力を握った後は、既得権者の頂点に立つことになるのだ。アメリカの労働者階級はやがて既得権を楯にするであろう彼にも失望するだろう。
 アメリカン・ドリームで出世した新興資本家は、資本家同士の激しい競争に打ち勝ちながら世界中の労働者の労働が生みだす富を吸い上げ、巨万の富を握る既得権者に成り上がったのである。
 新興資本のアップル創業者スティーブ・ジョブスがかって何かの会合でオバマ大統領と同席したとき、オバマが「アメリカに製造業のパワーを取り戻すことができるだろうか?」と聞いたところ、ジョブスが「無理ですね。中国の労働者の様に安い賃金で優秀な製品を生みだす労働者はアメリカにはいませんから」と応えた話が有名である。
 トランプは「ラスト・ベルト」での遊説でアメリカに製造業を復活させると嘯いているが、無理であろう。いまアメリカ国内で生産する製造業で巨万の富を握ることはできず、新興の資本主義国の低賃金労働が必須であるからだ。最盛期にある資本主義国では労働者の賃金を相対的に高くしても資本家はそれによって競争に負けないで済んでいたが、国際市場での競争が激しくなると少しでも労働賃金の安い国で生産しないと商品市場で勝つことができなくなる。したがって自国の高賃金労働者は「合理化」と称して機械に置き換えられるか、会社の利益減少を理由に「人員削減」され、中間層から下層へと転落せざるを得なくなるのである。
  かつてヴィクトリア女王時代に「世界の工場」であったイギリスはその後モノづくり産業が消滅し、後進資本主義国であるドイツやアメリカにその座を奪われた。そしてその後アメリカが日本にその座を奪われ、いまや日本が中国やアジア諸国にその座を奪われつつある。こうして価値の源泉である生産的労働によってモノを生みだしている国が資本家的価値増殖のための主導的立場に立つのである。その他の資本主義国はそこから生みだされる価値を流通の過程でうまく獲得するか、その「おこぼれ」を導き出すかによって経済を成り立たせて行くしかない。それは資本主義的生産様式の必然的「運命」ともいえるだろう。
さあ、トランプはアメリカ株式会社のCEOとしてアメリカの労働者階級を解雇せずにどうやって競争に勝っていくのだろうか???

|

« NHK-TV週間ニュース深読み「若者の過労死を巡って」を観て | トップページ | トランプ次期大統領に関する論議を巡って(1)<修正版> »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210651/64466388

この記事へのトラックバック一覧です: 没落しつつあるアメリカに登場したトランプ次期大統領の行方:

« NHK-TV週間ニュース深読み「若者の過労死を巡って」を観て | トップページ | トランプ次期大統領に関する論議を巡って(1)<修正版> »