« トランプ次期大統領に関する論議を巡って(1)<修正版> | トップページ | トランプ次期大統領に関する論議を巡って(3) »

2016年11月12日 (土)

トランプ次期大統領に関する論議を巡って(2)

 このブログを書いている最中に、ある資本論講読会に参加している若いアメリカ青年H氏による今回の大統領選への分析と見解を知る機会があった。それはわれわれ日本人がマスコミによって知るクリントン、トランプ像とはかなり異なるものであった。

 マイノリティー支持を表明しアイデンティティーを旗印にしているオバマ政権が実は共和党の主張とあまり違わない社会保障の事実上の縮小やメキシコからの移民への圧力を行使し、国境の壁をすでに作っているという事実も私にはある種の驚きだった。 H氏は、いまの民主党も共和党と同じ様に新自由主義の支持者である。そしてその新自由主義そのものがいまその矛盾を露わにして壁にぶつかっているととらえている。彼はヒラリーを「資本主義の問題を隠すイデオロギーを作る天才」とまで言っている。そしてトランプはそうした新自由主義的な方向と異なる方向に資本主義を向けさせようとしていると彼は捉えている。
 一方、サンダースはこれまでの民主党的秩序に反対し、社会保障の充実や貧困層への予算の投下を主張したが、クリントンのアイデンティティー主張に抵抗できず、「黒人と違って白人は貧困を知らない」という発言をし、「労働者階級内部の分裂も資本主義の矛盾や階級制度に由来した人種制度も当然のこととし、レイシズムは無歴史的で不可避なことだと主張した。つまり階級という視点を放棄して、結局ヒラリーのアイデンティティーからの距離を失った」と述べている。
 H氏によればトランプはこれまでの共和党の主張にはなかった、人種・ジェンダー・宗教別にみんなに仕事を与えようと言っており、new"new deal"政策など資本主義の改良を目指している。そしてH氏は「アメリカでは肉体労働や製造をするなんて無理だという意見はあるが、この意見は資本家とオバマ・ヒラリーの考えと一緒だ。"the naturalization of neoliberalism"(新自由主義以外に他の可能性はないという意見)だと思う」と言っている。そして「トランプは簡単に資本主義の形を変更できないが、資本家と企業は社会経済全体のためにある程度損害を被らないといけないと主張している。この変化はアメリカだけではなくイギリスも新自由主義とちょっと違う道をとりつつある。資本主義の歴史では、労働者が今より強い立場を得ても資本主義は存在できる」そしてさらに「もちろん前のnew dealが失敗したように、トランプの資本主義改良も失敗するはずである。資本主義が続く限り、改良が一時的に進んでも最終的に失敗する」と述べている。
  最後にH氏は次のように主張する。「ヒラリーとオバマとアメリカのほかの新自由主義者によると、政治で資本主義の方向を変えることは不可能である。トランプは労働者に向けこれに反対し、経済を政治的問題にした。政治の可能性を支持したので、ヒラリーよりトランプの方が社会主義政党にとって好ましい敵だと思う。彼のnew dealが失敗する時に、社会主義政党はこの機会をつかんで労働者に資本主義の欠点を説明し、労働者を指導しなければならない。」
 こうした分析と主張はこれまでの私の見方とかなり違うのであるが、少なくとも私たち日本人の現状認識(マスコミなどによる)よりはるかにリアルであると思われる。
 そこでこうした分析と主張を踏まえて私の考察を続けることにしよう。
{続く)

|

« トランプ次期大統領に関する論議を巡って(1)<修正版> | トップページ | トランプ次期大統領に関する論議を巡って(3) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210651/64478315

この記事へのトラックバック一覧です: トランプ次期大統領に関する論議を巡って(2):

« トランプ次期大統領に関する論議を巡って(1)<修正版> | トップページ | トランプ次期大統領に関する論議を巡って(3) »