« 2017年8月6日 - 2017年8月12日 | トップページ | 2017年8月20日 - 2017年8月26日 »

2017年8月13日 - 2017年8月19日

2017年8月19日 (土)

いまなぜ若者はテロリズムに走るのだろう?

 また無差別テロがバルセロナで起きた。このところヨーロッパでは毎月のように一般市民など「ソフト・ターゲット」を標的にした無差別テロが相次いで起きている。

 これらのテロがIS組織と関連が問われるのが常であるが、ISのメンバーではなく直接のつながりも薄い場合も多い。いわゆる「ホームグローン・テロ」がほとんどである。
 こうした動きは20世紀まではほとんどなかったように思う。強いて言えばオウム真理教などがその先鞭ではなかっただろうか?そしていまの無差別テロがそれらとも違うのは、ほとんどの場合、「自爆テロ」であることだ。つまり自分の命と引き替えに無差別に市民を殺害するという形である。それはおそらく2001年の9.11事件が始まりではなかっただろうか。
 かつて太平洋戦争中の日本の特攻隊は、国家や軍の指揮のもとに行われた自爆攻撃であったが、いまの自爆テロは自らの「主体的」意志に基づくものである。
 こうした「主体的」自爆テロは、銀行強盗などのようなカネ目当ての利己的犯罪とは全く質の違う、「自己犠牲」を常とする犯罪である。
 もちろんこうした自己犠牲が「主体的」意志のもとに決行される背景には宗教的あるいはイデオロギー的信念があることがほとんどである。これを「狂信」といってしまえばそれまでなのであるが、ヨーロッパの文化的生活の中で育った若者がなぜそのような行為に走ることになったのか、これは現代社会の病巣を探るには重要なテーマではないだろうか?
 ひとつはよく言われるように、西欧文明の生活の中での「差別」の問題があるだろう。単に同じ街に生活する異国人や異民族であるだけでは感情的・感覚的な差別はあっても互いに命を掛けるような対立はありえないだろう。命をかけて対立するようになる背景には、互いに死活問題となるような生存・生活権の掛かっている問題が存在する場合であろう。例えば、自分たちの職が奪われる危機に瀕した場合、相手の生活行動が自分たちの生活行動を侵食する様な場合などであろう。
 しかし、そのような場合にたとえ血で血を洗うような殺し合いに発展したとしてもそれがそのまま「自爆テロ」につながることは少ないだろうと思う。
 やはり「自爆テロ」の背景には、いまの社会で自分の存在意義を感じられなくなり、将来に希望を見失い、 そして自分がいま生きている意味が、自分にそうした絶望感を植えつけた世の中すべてを破壊するような行為に出て、その中で自分の命を燃え尽き果てさせることにあるのだと考えるようになることではないだろうか?
 こうした精神状態が表面には現れなくとも潜在的に心の中にあるときに、ISなどのような組織から流されるプロパガンダにつき動かされ、自爆テロを実行しようという気持ちに動いていくのではないだろうか?
 一口に言えばいまの社会が内包する「閉塞感」とその中での自己の存在意義の喪失感である。そしていまの社会は表面的には、華やかで楽しいことやおもしろいことがたくさんあるが、そうした外面的「幸福」の裏側に常にある「閉塞感」や「自己喪失感」にふと気づかされたとき、若者の心は言いようのない絶望感と孤独感にさいなまれることになるのではないだろうか?むしろ心の底に潜在するこうした「閉塞感」や「自己喪失感」から逃れ、自分に「それなりに幸福ではないか」と言い聞かせるために目先の「おもしろさ」や「楽しさ」に埋没していくのではないだろうか?
 私はこうした悲惨な精神状態に追い込まれている若者が日本にも想像以上に多いのではないかと察している。これが私の杞憂であればよいのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

Nスペ「戦慄のインパール」を観て

 昨夜の「731部隊の真実」に続いて、終戦記念日の今日のNHKスペシャルでは、「戦慄のインパール」を放映していた。

 かつて若い頃に竹山道雄の「ビルマの竪琴」を読んで、深い感銘を受けた記憶と、私が高校時代に英語の教師だった人がインパール作戦に参加した兵士だったことを思い出した。
 戦争の敗色が濃くなっていった頃、大本営ではすでに占領していたビルマからインドに進出することで戦局の劣勢を跳ね返そうとするインパール侵攻作戦を立てた。その作戦は最初から無理を承知でその兵站の困難さから3週間の短期決戦により決着をつけようというものだった。しかもこの作戦は大本営内部での人脈関係の中でそれぞれ上層部の「業績」を上げさせるためのチャンスとして進められ、牟田口司令官がそのトップに立って実行する運びとなった。
 そしてその作戦は400キロ以上もの密林中の道なき道の行軍によって行うため、トラック輸送もままならず、現地の少数民族のムラから牛を調達して荷物を運ぶような状態だった。
 そのような無理な状況で開始した作戦で、途中イギリス軍からの猛攻に遭い多くの戦死者が出たが、作戦は継続された。とっくに3週間を過ぎて何ヶ月も続けられた作戦で食料は尽き、兵士は弱っていき、戦死者や病死者が続出したが作戦は停止されなかった。
 その背景では、この勝ち目のない戦いに終止符を打たせようとする軍内部の反対意見を強硬に退け、失敗を現地指揮官の不手際としてそのクビをすげ替えてあくまで「死守」の命令を出し続けた牟田口司令官の存在があった。しかし、ついに牟田口も最前線の悲惨な状況を知るにおよび、作戦の中止を余儀なくされることになった。
 そこから数万の兵士の悲惨な撤退が始まった。追撃するイギリス軍の猛攻とすでに兵站もなく、始まった雨期の猛烈な雨の中を空腹や伝染病や負傷で弱った兵士を見捨てて撤退する日が続いた。この作戦の生き残りの元兵士の発言や当時牟田口司令官の部下でこの作戦の進捗状況を記録していた斉藤少尉の手記からは凄惨な戦場の姿と司令官の引っ込みのつかなくなった強硬な態度が紹介されていた。まさに地獄の様な有様で、密林の道は死体の山を築いていった。そして途中大河を渡りきれずそのほとりで多くの兵士が死んでいった。
 この作戦で死んだ兵士は3万人に上り戦傷者は4万にもなったそうである。
ところが司令官牟田口は作戦中止後いち早く戦場から日本に帰国した。そして敗戦後の戦争裁判での法廷ではこの作戦の命令は上部からのものだったと証言していた。
 しかも、牟田口は戦後20年以上生き延び、その子孫が初めて公開した資料によると、回顧の中で当時ビルマ戦線で戦った相手のイギリス軍の司令官と手紙のやりとりをしていた。イギリスの元司令官が牟田口に「イギリス軍が苦しめられた」としてあの作戦に一定の評価をしたと感じ、そのことを回顧録的録音テープに収めていた。
 牟田口はその中で「私は戦後ずっと牟田口は馬鹿野郎だとさんざん悪口を叩かれてつらい思いをしてきたが、やはり私のやったことは正しかったということが分かってうれしい」と言っているのである。
 何ということだろう!大本営の無責任体制の中で身勝手に発せられた作戦命令のもとで、どれほどの兵士が地獄のような経験をし、命が失なわれたのか、その痛みを司令官として何一つ感じ取っていないこの男!こういう人間があの戦争を牛耳り、何十万という尊い命を奪い街を破壊させ、そして自分たちはおめおめと戦後に生き延び何も反省していないという事実。
  一方彼の部下だった斉藤元少尉は、いまも存命中でクルマ椅子に乗せられてインタビューに応じていた。彼は自分の書いた記録を見せられると顔を歪めて「見たくない」とつぶやいた。そしてしばらく沈黙したのち涙声で「悲しい!」と叫んだのである
 731部隊で「マルタ」を人体実験材料に使ったにも拘わらず戦後学会の権威にまでなった学者先生といい、このインパール作戦を強行した司令官たちといい、失われた一人一人の兵士や市民の生活と命の重さを何一つ感じていないのである。
 例の私の高校時代の英語教師だった人はこの作戦でどれほどつらく過酷な経験をしたのであろうか、彼はそれについてあまり多くを語らなかったので分からない。しかしあるとき、修学旅行のときであったろうか、その先生とフロ場で顔を合わせたとき、その背中に大きな傷跡が残っていることを知った。
 人の真価はその人の生き様で分かる。どうすることもできない歴史の流れの中で翻弄され地獄の苦しみを経験しても人間としての真価を持ち続けることの出来た人と、己の地位と立場と名誉のために何万人の人が死んでも意に介しない人がいるということをキモに銘じておこう。
 戦争はその違いを見事にあぶり出してくれるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月13日 (日)

Nスペ「731部隊の真実」を観て

 さきほどNHK-TVで放映されていた「731部隊の真実」は久しぶりに見応えのある番組であった。731部隊は戦争中に旧満州で細菌兵器の研究開発をやっていた軍の研究組織であるが、そこに東大や京大など日本のトップクラスの大学から多くの研究者が送り込まれていた。そしてそこでは、中国人やロシア人などの捕虜を使った人体実験が行われていたのである。

 この話自体は私も前から知っており、これについて書かれた本もあったが、今回のNHKの番組ではロシアから提供されたハバロフスク裁判での当時の日本人戦犯の裁判記録のテープが放映されてたことで、そこでの証言に具体的な内容や人名が動かぬ証拠として出てきたのである。
 この731部隊ではチフス菌やペスト菌などを培養し、その「兵器」としての摂取方法や散布方法などの効果を実証するために人体実験が行われ、ほとんどの捕虜がそれによって死んだ。そして戦争末期には実際にその細菌兵器が戦場で用いられたのである。
 この731部隊の研究施設に派遣されたトップクラスの大学の研究者のうち、京都大学の関係者については実名が出されていた。しかし東大ではこの関係者を公開するのを良しとしなかったようで、今回名前が一人も公開されていなかった。
 戦争当時、世間では日本軍に反抗する中国人や「匪賊」を極悪人として報じる当時のマスコミの影響が強く、そうした犯罪人をどう処理しようとかまわないという「空気」があったようだ。
 そして大学の研究者にも、お国のために貢献できるのなら有能な人材を派遣しようという「空気」があり、しかも巨額の「見返り金」が軍から支払われるということから、大学側も進んで人材を派遣したようだ。
 しかも敗戦時、いち早く満州から特別列車で帰国した多くの研究者たちは、当時の日本を支配していたアメリカ軍から、彼らが持ち帰った実験データと引き替えに戦犯としての罪に問わない約束が交わされたのである。
  なんということであろうか!ABCCで原爆被爆者の治療を行うと称してそこから貴重な原爆による「人体実験結果」を得ていたのもアメリカである。
 こうして帰国後も彼らは大学で研究者として働き続け、その分野の権威として出世し、ある人は学長にまでなっているのである。
 ドイツではユダヤ人虐殺に関わりながら逃げ延びたナチスの残党をイスラエルの「モサド」が徹底的に追求し、何十年も経ってから逮捕し刑を受けた例もあるというのに、日本ではこんなことが許されたのである。
 そしていま、また防衛庁からの巨額の研究費を目当てに委託研究を受けるか受けないかが問題となっている中、学術会議の会長が「防衛関係の研究といっても全部が兵器開発に関係するわけではない」などと言って、物議をもたらしている。
 研究者や技術者の倫理が問題にされたのはもう半世紀以上も前のことである。しかし、いままた、大学の研究は「国益のため」として軍事研究に手を染め始めているのである。意識ある研究者は「国益のため」「経済成長のため」という抽象的な美名に惑わされてはならない。
 今日のNHK番組でも、731部隊で細菌培養の責任者だった研究者がハバロフスク裁判で、自分がやってきたことの罪は、もし自分が生まれ変わってくることができるなら、かならずそれを償うことで人生を費やしたいと涙ながらに発言していたのが印象的だった。そしてその研究者はロシアで刑期を終えて帰国してからまもなく自ら命を絶ってしまったのである。
 無事に帰国して罪にも問われることなく、自ら反省の言葉を口にすることもなく学会の権威になっていった研究者たちと比べ、ロシア軍の捕虜となってしまった研究者の運命は過酷であった。
しかし、どちらが人間としてまともであったかは70年経ったいま誰の目にも明らかであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月6日 - 2017年8月12日 | トップページ | 2017年8月20日 - 2017年8月26日 »