« 「過剰資本の不生産的処理」を巡るディスカッション(4)修正版 | トップページ | 米中「貿易戦争」の背景を考える »

2018年3月31日 (土)

「過剰資本の不生産的処理」を巡るディスカッション(5)

 なぜ私が過剰資本の不生産的処理の問題にこだわるのかについて若干記しておこうと思う。

 資本主義社会はその本質上、生産手段を所有する資本家が、労働力をその再生産に必要な生活資料の価値で買い取り、それに必要な価値生産時間を超えた時間労働させることによって不払い労働分としての剰余価値を取得しながら社会的に必要な生産物を商品資本として生産するという形ではあるが、歴史上一定の時期までは資本の利潤と蓄積を追求する競争の中で、急速に生産力を向上させてきた。

  しかしその蓄積される資本と高度化した生産力によって資本が過剰化し、それによって生じる矛盾が様々な形で現れる様になり、新たな資本の投入によっても予期された利潤を生まなくなった。しかし資本主義体制ではその過剰化した資本を本来あるべき形である社会共有財に転化することは原理的に不可能であり、生産的消費(生産手段の補填増強や労働力の増員などによる社会的富の増大のための消費)に追加資本を回すことでは過剰化した資本を処理できなくなったと考えられる。
  そのため、それをこうした生産的消費に直接結びつかない形で処理する様になっていったと考えられる。それが例えば軍需生産物の増産、無駄と言える様な過剰な消費材の際限ない増産、そして第三次産業的な部門への莫大な投資などによって資本を何とか過剰化させないで凌いでいるのが現在の資本主義体制であると思う。これはまさに爛熟期を過ぎ「腐朽化した資本主義社会」であると言えるだろう。
 そしてこの歴史的に特殊な「腐朽化した資本主義体制」に相応しい形態での社会的分業化が進行していると考えられる。
  いわゆる情報技術の進展によってすでに進んでいた頭脳労働と単純労働に大きく別れる分業化は頭脳労働のさらなる分化とヒエラルキー化が進み、資本家も「人格化した資本」としての機能がそれに相応しく分業化され、資本運用の意思決定権を持つCEOを中心にそれを補佐する経営陣という形に分業化し、時にはそれらが「分社化」して独立した資本家が担当している。そして今ではその上に全ての運営資金を支配する金融資本家が銀行や持株会社などを通じて君臨しており、事実上資本家の本質的役割であるマネーのやりくりによる資本の増殖に携わっている。
 資本家の仕事を含めてこれら全てが「社会に必要な労働」という形をとって忙しく動き回り、日々資本の蓄積・増殖に寄与している。この資本の蓄積と増殖がこの社会では「経済成長」と呼ばれ、これが「成長」すれば、労働者もその分前を少しばかり多めに頂けると考えられている(アベノミクスがその典型例)。こうして「コンピュータ社会」、「情報化社会」、「ユビキタス・ネットワーク社会」、そして「IoT」などなど次々と打ち出されるキャッチフレーズのもとで、新興資本家たちは旧資本家の硬直化した体制を更新すべく快活に明るく振る舞い、彼らによって推進される「イノベーション」によって不要化され、次々と「下流」に落ちて行く技術労働者たちは孤独で先のない状態に置かれることになる。
 いま蓄積する社会的富(いまは資本として)がわずかな人々(独占資本家)の手に握られ多くの人々(労働者)が貧困化して行くという現実を見て、ただ富の偏在や格差拡大を批判して格差縮小や富の再分配を主張するだけではダメで、こうした社会全体の分業形態、労働形態、そしてそれらによって回転する生産と消費のメカニズム全てを変革して行くことなしには本当の改革はありえないと思う。
  それは社会全体の在り方の変革であり、同時に人間(諸個人)の実存そのものの変革でなければならないと思うのだ。
 こうした次世代社会への長期的展望を見据えた現実批判の基礎に、本来生産的であるべき社会的富の蓄積が過剰資本として生産を圧迫しそれを不生産的方法で処理しなければならないという矛盾への認識が必要であると私は感じている。
 人は共同体社会における「(現在の)生きた労働」において、自分がどの様な存在であるのかを表現し、その労働の結果を「(過去の)死んだ労働」として対象化しつつ、その蓄積を「未来の社会」への寄与となしうる、そんな社会を私は望む。
 社会的総生産物の再生産という問題は、生産物に含まれる価値形態をcは対象化された労働の形態つまり過去の労働の成果であり、vは現在の生きた労働であり、mは未来のためのその蓄積であると考えれば、人は過去の労働の成果(生産手段)を用いながら現在の生きた労働を行うことで社会全体を維持させ、mとして蓄積されるその成果を以って社会を未来に向けて発展させて行く。そのために必要な社会的労働と生産手段の配分に必要な条件だといるのではないだろうか?
 

|

« 「過剰資本の不生産的処理」を巡るディスカッション(4)修正版 | トップページ | 米中「貿易戦争」の背景を考える »

哲学・思想および経済・社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210651/66557339

この記事へのトラックバック一覧です: 「過剰資本の不生産的処理」を巡るディスカッション(5):

« 「過剰資本の不生産的処理」を巡るディスカッション(4)修正版 | トップページ | 米中「貿易戦争」の背景を考える »