« 既得権階級の専横が支配する社会 その2 世界 | トップページ | アミラ・ハスというイスラエル人女性ジャーナリストの生き方 »

2018年8月 9日 (木)

翁長知事急逝をめぐって

 辺野古への新滑走路建設に反対していた沖縄の翁長知事が急逝した。あまりに急だったので信じられないくらいだった。普天間が町中の基地で米軍機の事故が絶えなかったこともあり、反対運動が盛り上がっていたが、政府はこれを普天間での危険な状態を解消するために比較的人口の少ない辺野古に新しい基地と滑走路をつくることでこの問題を解決するしかないと強調し、前沖縄知事の仲井真氏を巧みに抱き込んでこれを了承させたのだった。

その後知事となった翁長氏は沖縄の本当の心を読み取り、そもそも不当に重い基地負担をなぜ戦争で原爆被爆地とならんでもっとも悲惨な惨禍を受けた沖縄が負い続けなければならないのか、という問題に焦点をおいて、これに反対した。
沖縄では、基地によって経済的に潤う人たちも多く、こう言う人たちは、基地反対運動に背を向けている。しかし、どこでも支配層の常套手段として使われる手はこの「金目の話」なのであり、原発でも核廃棄物貯蔵所でも軍事基地でも本来は作らせたくないものを上からの意向で作ることになったとき、それによって経済的に潤う人たちが増えれば、その上からの意向に反対できなくなるのである。それはほとんどの場合、そうした「本来は作らせたくないもの」を作る場所が比較的に経済的に豊でない地域が選ばれるのもそのせいでもある。政府はそれを知ってその計画を練るのである。
 翁長さんはそうした状況に反旗をひるがえし続けた。そして思いなかばで亡くなってしまったのである。
 政府は内心ではほくそ笑んでいることだろう。これで次の知事選には勝てるぞ!と思っていることだろう。
 しかし長い歴史の中で考えればいまの政府のやっていることはまったく歴史の流れに逆らうことであり、今後何十年か経てば、なんと馬鹿げたことをやっていた政府だろう、という評価を受けるに違いない。

|

« 既得権階級の専横が支配する社会 その2 世界 | トップページ | アミラ・ハスというイスラエル人女性ジャーナリストの生き方 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210651/67038538

この記事へのトラックバック一覧です: 翁長知事急逝をめぐって:

« 既得権階級の専横が支配する社会 その2 世界 | トップページ | アミラ・ハスというイスラエル人女性ジャーナリストの生き方 »