« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020年4月26日 (日)

コロナ感染半ば放置で70%免疫獲得を目指すのか?

 いま日本ではコロナウイルス流行の展開が微妙な段階に来ている。ゴールデンウィーク中の自宅待機を促す「ステイホーム週間」だそうだが、それによって観光地の人手は大幅に少なくなった。しかし、全国的に見れば、感染者数も死者数も決して減っておらず、漸増傾向にある。しかも日本ではPCR検査の数が圧倒的に少なく、実際の感染者巣は発表数の10倍にも上るのではないかといわれている。現に、病院での院内感染や感染経路不明の患者数がどんどん増えている。韓国や台湾で押さえ込みにほぼ成功しているのに比べると日本の防疫対策を疑いたくなる。

 一方でヨーロッパやアメリカNY州などでは医療崩壊が生じ手が付けられない状態になった国が多く、そのような国では、国民の70%位が感染して抗体を持つようになれば流行は自然に収まるという過去の研究結果から、そうするしかないとする動きもでているらしい。その背景にはコロナで外出禁止令を長く続ければ、企業経済が破綻し、失業者や貧困層の急増につながり、社会そのものが崩壊する危険があるという見方がある。アメリカのトランプやブラジルのボルソナロ大統領などがその代表だ。このまま放って置いていつものように企業活動を続けるべきで、その間感染して死ぬのは主に高齢者や基礎疾患を持った人たちだ。そういう人たちは生きていても働き手にならず、公的な資金ばかり食っていくことになる。だからウイルスに任せておけばよい、と言う考え方だ。おそらく表に出さなくてもこうした考えを内心持っている政治家は多いことだろう。

 野党からの政府の政策に対する批判は貧困層を救うための政府予算を投入した社会的セーフティネットが必要だという意見に集中するだろうし、政権側はそのためには国家予算も底をつくので経済活動を再開させることを急ぐべきだということになるだろう。結局いまの野党はそれ以上切り込めなくなる。企業としては自分の会社が倒産するのを防ぐために労働者を「人員整理」するが結局は労働者がいなければ成り立たないことを知っている。価値を生みだす源泉である労働者がいなければその労働の成果を吸い上げて成長する資本もあり得ないからだ。だから労働者の生存を維持するために尽力するが、それは自分の企業の利益が得られることが前提だ。自分の企業が競争資金に溜め込んだ莫大な内部留保を犠牲にしてまでそれをやりたくないのだ。その莫大な内部留保とは、実はすべて労働者自身が生みだした価値であり、その莫大な価値部分は本来、社会的な公的共通経費の蓄積として積み上げられていなければならないのを資本家企業は私的にそれを保有しているのだ。だからこのような社会的危機に直面したときに資本家代表政府である政権は「経済活動維持と雇用の維持のために」と称して結局は労働者に犠牲を強いることになる。

 いったい人間の命とはなんだろう?社会の経済活動とは何だろう?ひとの人生とはなんだろう?働き手になれない人々は「生産性がない」ので早く死んだ方がよいのだろうか?あるいはかつて東北の貧しい農村で高齢者が働けなくなると自ら山奥の「でんでらの」に引きこもって一人で生活しながら死を待つといった社会が再び登場するのか?

 いまこうした重大な問題が私たちに突きつけられている。生物学的にはウイルスが人間の遺伝子に入り込み、人間の遺伝子はそれを受け入れることで、リスクを冒しながら自らの進化を促す引き金とするという仕組みがあるのかもしれないが、そのようなウイルスと人との「共存関係」は、かたや生物と無生物の中間のような存在であるウイルスに対して生物の高度な進化形である人類という進化の両極にある相手同士であることを考えれば、人類は社会を形成し、他者との役割分担を担う共働的共同体を形成しながら生きる生物であることを忘れるべきではないだろう。人類はその社会をともに維持して行かねば生きていけないと同時に、その社会には必ずそれまで社会に貢献しながらいまは高齢で働けなくなった人々や生まれながらに障がいを持った人たちが必ず存在するのだ。それらの人々は「生産性がない」から存在意義がないのではなく、ともにその社会の中に生きていること自体が意味があるはずなのだ。そういう社会的存在としてその中で暮らすことの中で出生から死までの諸個人のさまざまな人生が存在するのだ。それがウイルスと人類の違うところなのだ。

 人間をウイルスと同等に扱ってはならない!

 

| | コメント (0)

2020年4月 1日 (水)

「コロナ戦争」のいま、思い出す第2次大戦末期の東京での恐怖

いまコロナウイルスが人類社会全体を脅かしている。しかもわずか3ヶ月でこのような状態になっていまった。それ以前にはだれも想像しなかったことだ。まさに突然勃発したコロナ戦争である。特に食料事情の向上や医薬品の発達で80~90才の高齢まで生きることができるようになった先進諸国の高齢者層にとっては、とつぜん毎日の生活の中で命の恐怖に晒されることになり、しかもその状態がいつ終わるとも分からないという不安に陥れられた。

そこで思い出すのが、私がまだ物心がついたばかりの4〜5才の子供だった時代に、第2次世界大戦のまっただ中に置かれていた頃の記憶だ。私の家族は東京の杉並に住んでいたが、だんだんと空襲の回数が増し、その度に親たちが雨戸を外して自宅の庭に作った防空壕の上に載せ、それに押し入れから布団をかつぎ出してきて乗せていた。今にしてみればこんなことをしても何の役にも立たないと思うが、親たちは子供達を護るために必死だった。私はかび臭くてカマドウマが跳ね回る防空壕の中からチラっと見える青い空を垣間見ていると、B29の編隊めがけて日本軍の戦闘機がまるでヤブ蚊のように攻撃を仕掛けているのが見えた。背後からは高井戸にある高射砲台から発射される対空砲火の音がズーンと響いてくる。そしてもっとも恐ろしかったのは夜間の空襲であった。慌ただしいサイレンの音で目が覚めて真っ暗な中で、大慌てで防空壕に逃げ込むときの恐怖感はいまでも生々しく思い出す。その恐怖の暗闇でB29から大量に落とされる焼夷弾の落下する音が「ヒュルヒュル」と不気味に聞こえ、いつ自分達の頭の上に落ちてくるかと生きた心地がしなかった。

また、当時親類たちが訪ねてきた際などに「アメリカ軍が上陸して来たら、女たちはみな奴隷にされて子供も売られてしまうだろうから、そんな辱めを受ける前に、山に逃げて自決するしかなくなるかもしれないね」などと話していたことを思い出す。当時の私にはあまり実感がなかったが、今にしてみれば親たちは逼迫した心理状態だったのだと思う。

当時の戦争は「国家」を背負わされた人間同士の殺し合いだったが、いまはウイルスと人類との戦いである。この戦いには国境はないはずだ。しかし感染を防がねばならず、互いに隔離され切り離された生活を送らねばならない。つらいことだ。この高齢の身体でどこまでウイルスに対抗できるかあまり自信はないが、とにかく頑張るしかない。人類全体がたとえ一人一人バラバラに隔離されていても連帯感を以て互いに団結して敵と闘わねばならない。

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »