« 「コロナ禍」で現れた資本主義経済体制の矛盾 | トップページ | 近況 »

2020年5月19日 (火)

コロナ禍で「世界の工場」中国で失業者7000万?

 NHK-BSでの国際ニュースによれば、中国ではコロナウイルスによる世界的経済不況の影響で「世界の工場」と言われる深圳市を中心とした工業地帯で労働者の雇用が激減し、ロックダウンの解かれた湖北省から大量の労働者が職を求めてやってきたが、有名な「三和人材市場」は閉鎖され、職にありつけず、寝るところもなくなった労働者たちが今度は大挙して湖北省に戻ることになり帰省バスが大混雑しているらしい。一説によると中国全土での失業者数はすでに7000万人に達しているとも言われている。

 「労働者・農民の政府による社会主義国」を旗印とした中国で、30年ほど前にそれまでの経済政策の失敗から立ち直るために、鄧小平によって「社会主義市場経済」が導入され、「豊かになれる者から豊かになればよい」というかけ声のもとで、「カネを儲けてリッチになりたい」という私的所有欲を駆り立て、それをエネルギーとしてもっとも本質的な資本主義的矛盾である「賃労働と資本」という生産関係を復活させ、資本主義経済体制への道を突っ走ってきた。そしてわずか1/4世紀後には世界第2位の「経済大国」となったのであるが、それはその道の選択による必然的結果として、いま資本主義的矛盾のまっただ中に置かれている。

 中国は、その共産党一党独裁体制という強力なトップダウン統治システムによって、すでに腐朽段階にあった欧米資本主義経済体制を巻き込み、それに「活」を入れることで、グローバル資本という巨大な資本の流れを生みだし、資本主義諸国からの莫大な投資を呼び込み、自国の資本家階級を育成し、大量の労働者・農民をそこに労働力として雇用させた。党と資本家階級が結びついた政府指導部は、それによって莫大な国家予算を組むことが可能となり、国家主導でインフラ投資や軍事力への投資および輸出を行っている。いまや中国は経済的にも軍事的にも世界覇権を狙っているようだ。

 かつての資本主義体制側の覇権国だったアメリカは中国の安い労働力と巨大な市場を利用することによってその経済体制を維持し、見かけ上の発展をしてきたが、事実上中国なしにはアメリカ経済は成り立たなくなっている。ここにきてトランプは、その脅威に気づき初め、「アメリカ・ファースト」を看板に中国を非難し続けている。今回のコロナ禍においてもWHOが中国寄りだと激しく非難し、世界中が連帯してこの危機を乗り越える必要があるときに、逆の方向を向いている。

 しかし、中国においても経済危機は深刻であって、これまでは経済的に発展してきたために労働者や農民の不満がそれに吸収されて埋もれてしまってきたが、いまや急速に世界中が大不況の大波に巻き込まれつつあり、グローバルな資本の流れは行き詰まっている。そのため中国の労働者は今後も行き場がなくなるかもしれないのである。労働者・農民のための国であるはずの中国で、なぜ資本家階級が共産党政府指導部と結びつき、労働者・農民が失業や貧困に苦ししまなければならないのか?いまこそ彼らは自分達が本当の主人公であるべきだという正当な階級意識を持ち始めているのではないだろうか。

 

|

« 「コロナ禍」で現れた資本主義経済体制の矛盾 | トップページ | 近況 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「コロナ禍」で現れた資本主義経済体制の矛盾 | トップページ | 近況 »